ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめてのこうじょうけんがく
お菓子工場の見学に行った。

元々あたしは見学マニアで、ほっぺちゃんが小学生ぐらいになったら、彼女をダシにどこに潜り込んでやろうかと今から日々狙い目の施設をチェックしている(…)のではあるが。
まーさか2歳とかから行くとは思わなかったよねー
今回は、ほっぺちゃんのおともだちのお誘いで、参加できる事になったのだ♪

当然周りの参加者も、3歳から0歳のお子を連れたひとばっかり。こんなんで工場見学って成立するのかしら…と思いきや。

ほっぺちゃんも、入り口のエアカーテン初体験や、工場の機械の大きな音にも負けず
「あれなに?びすけっと?いっぱいあるねえ。」
「あれちょこれーとだねえ」
と、質問や感想を連発。
周りの子たちも、口々に自分なりの感想を述べながら、一所懸命になって、先導の係員さんについていく。午後の見学だったのに,途中でぐずる子は1人もいない。(0歳は工場の騒音が心地よくて大抵眠ってしまうw)

その様子を見て,またいつの間にか2歳を甘く見ていた自分に気付く。
そんな事しない様に気をつけているつもりでも,知らず知らずのうちに「こどもだからわかんないだろうなー」って思ってたー

ここの工場見学はけっこうあっさり目で,大人から見ると新しい発見,とかはそんなにない(というかたぶん子連れじゃなかったらもっと違ったアプローチで見せてくれるのかも知れない)んだけど、こどもにはまず題材が大好きな「お菓子」だし、最初の工場見学には悪くないのかも。
でも、最初にお菓子とお茶を下さるんだけど,それがチョコチップクッキーだったりするので、チョコ解禁の年齢になってからがお勧めだね。
あと、食品工場なので,帽子をきちんとかぶれないと見学できないので,そのへんの聞き分けがちゃんとできる年齢になってからの申し込みをお勧めします

img968.jpgあ、どこかバレちゃったw



余談だけど、この行事をセッティングしたひとはほっぺちゃんと同じ年の子を持つママで,おまけにあたしと一ヶ月ほどしか変わらない赤ちゃんがお腹にいる妊婦さんだったりして,その余裕にあたしはびっくりしたんだけどね。
あたしなんて何かと「妊婦だから…」とすっかりパワーダウンしているのに、そういうことフツーにできるひとっているのね…><

スポンサーサイト
三文芝居…
現代に生きる親として、以前からいずれは経験しなければいけないだろうと思っていた、未経験のできごと…それは…

キャラクターショー!!

ご存知の通り、あたしはキャラものが嫌いである。
理由はバカバカしいからだ(…)
今日まで、あらゆるキャラものを避けて育児(っていうほど何もしてないけど…)して来たつもりだ。

しかし。しーかーし。
敢えてこーんなにも避けて来たにもかかわらーず。

お出かけ前のほっぺちゃんは、キティちゃんの水着の帽子をかぶり、両手にミッフィーとペネロペのぬいぐるみを持って
「うーたんのリック(←リュックサックのことね)が無いよ!」
と必死の形相で訴えたりする…
毎回が、あたしはこれと出かけなければならないのか!?という葛藤の日々である。
(まあ、大抵は一つを残して諦めさせるのだけれども。)

しかし周囲を見渡してみると、どうだろう?
こどもが好きだから、と一生懸命キャラの名前を覚え、電車の名前を覚え。
先日集まったママさんたちの中で、ディズニーランドもUSJも連れて行った事が無かったのは、なんと、うちだけ!よくやるなあみんな。
あたしは両方結婚してから言った事も無いよ。独身時代ならともかく。

まあ、TDRやUSJはバイトでもして親に内緒で彼氏とでも行ってくればいいとは思うのだけど、いくら親がキャラ嫌いだからといって、あまりにも抑圧的なのもかわいそうだなー、なんて思っていた矢先、コープ神戸のイベントで、アンパンマンショーが見られる、というチラシを渡されたのだった。

アンパンマンかあ。
ほっぺちゃんってこういうの好きなのかなー?
…行ってみるか。タダだし。

軽い気持ちで朝から向かった大阪城公園
10:00から開場で、到着は9:40頃。公園の駐車場から大阪城ホールまでの道のりは晴れていてとても爽やかで、色んな人がいる。
ほっぺちゃんもそんな中を笑顔でかけたり、イチョウの花を拾ったり…

…これを最初は微笑ましく見守っていたのだけど
ふと周りを見ると、周りの親子連れは、ベビーカーに子供を載せたり、だっこしたり、だーれも子供を歩かせたりなんてしないで会場に向かって足早に向かっているじゃないの。
もしかして、これってでかいイベントだったのか!?



結果としては、気付くのが遅かった。
着いた頃には、想像もしなかった長蛇の列。…アンパンマンってそんな人気だったのか。
並んで手に入れた券は「スクリーンでご覧いただきます」

…スクリーン?

そう、ステージが見えるお席は既に完売(タダだけど)
横のちいーさいスクリーンから、ショーの様子が中継されるお席だったのである…なんだそりゃ。
それでもまあ、並んでいる間に、そのお席すら整理券が無くなったらしいので、ましなほうだったのだろう。か?よくわからないw

そのまま席に案内され、空いていたのは当然隅の方の席
まあ、スクリーンはよく見えるので問題は無いけれど…スクリーンで見るならまだアニメの方がマシなんじゃないかな…という疑念が拭えない
周りを見ると、そ、それはちょっと…と思うような、1歳に満たないお子や、ホントに見るの!?と思うような小学校高学年?の、サーファースタイルのお姉ちゃんなど、思った以上の客層の幅だ
赤ちゃん連れに至っては、当然じっとしていられないので、連れて来た爺ちゃんらしい男性は廊下を往復しっ放し。何でまたそんな…

いずれにせよ、どの大人も、ほとんどの大人はアンパンマンに興味など無く。
子供のために必死なのだった。みんな頑張ってんなあ。


そんなあたしの感慨はおいといて、
肝心のショーはひじょーにしょっぱいもので、着ぐるみの役者でいけてんなあ、と思ったのはバイキンマンだた独り。
ほっぺちゃんは開始15分で
「あっちがいい…」
と、ショーとは関係ない、遠ーくに見える味の素のパンダの着ぐるみに会いたがり、ちょっとは並んだにもかかわらず、早々に退散。何のために並んだのーw

通常の展示会場はといえば、整理券にあぶれた子供たちの
「ねえー!アンパンマンはー?」
の声を何回聞いた?という子連れでものすごい人だかりでほっぺちゃんを連れて歩ける状況ではなく、、結局会場自体を早々に後にしたのであったw

そんなこんなで結局早々に退散したチコラタ一家
いつも通りブラブラ買い物して帰宅したのであった。
ああ楽しかった。東急ハンズとドログリー。
やっぱりあたしには「親っぽい」事は無理ね!

ちなみにほっぺちゃんは、たった15分しか見なかったにもかかわらず
お昼寝して起きて一番に
「今日アンパンマン見たね!」
って言ってました。あれでよかったのか…
chain reaction
勇気を出して、駅までチャリで梅田に出かけました。

最近随分と電車に乗るのを怖がっていたほっぺちゃんですが、結局アレも場所見知りの一つの様で、気にせず時々乗せていたら、今でも最初は怖がるものの、すぐに慣れて電車を楽しめる様になってきました。

軽く怖がるぐらいが大人しくてちょうどいいw

で、ベビーカー無しで梅田ですが、人が多いのはやはり怖いようで、基本
「だっこしてえええ」
って言ってましたねwやっぱりまだ早いかw
ただ、ほっぺちゃんの良い所は、あたしが
「悪いけど限界だからあそこまで歩いて」
と言うと、協力してくれる所ですよ。なんていい幼児なんだ。
反抗期になってもその良さだけは失わないで。お願い。

…無理か。

と言っても、メインの用事は百貨店だったので、ベビーカーはレンタルできます。
阪神はマクラーレンだからラクチン押しやすい。やっぱりいいなあマクラーレン
ただ、移動がエレベーターなので、乗れないことが多くてストレスフルだけどね。

用をすませて、あとは帰るだけ、っていう段になって、そういえば独身の頃は必ずと言っていいほど立ち寄っていたジュースバーを思い出して行ってみた。ら。

ミックスジュースの所に「乳製品は使っていません」ってかいてあるじゃないのー!!!

すげえ!良く通っていた頃は全然気付かなかった!
若かりし頃、ミックスジュース評論家を自認していたあたし。
かなり上位にランキングしていたあのミックスジュースが、乳製品を使っていなかったなんてー!


というわけで、当然買いました。
ジュース自体まだ3回目とかですけど。
それも今までのはあんぱんまんの野菜ジュースですけど。
はは。

だってね、だってね。
乳アレ幼児が安心して飲めるミックスジュースなんて外でなかなか出会えないもの!

相変わらず最初は躊躇していたほっぺちゃん
「おいしいよ、飲んでみ」
と言われて、一口飲んで。

「…おいしい!」
その後母には二口しかくれませんでしたwまあくれただけ上出来かw
ざらっとしたジュースも、結構大丈夫じゃん。ふふ。

そういえば、先週の児童館の手遊びが「ミックスジュース」だったっけ
「ほっぺちゃん、これ、ミックスジュース。あのお歌の」
と、教えてあげると
「おー!みっくすじゅーす!」
と、納得した様子で、またミックスジュースの歌を少し歌っています


そういえばあたしが子供の頃は、うめだにいくと帰りに必ず母が阪急の地下で、グリーンティを飲ませてくれたっけなあ。
あまーいあまーいグリーンティ、楽しみにしてたなあ。

このミックスジュースがあたしたちの定番になりそうです♪…ってちょっと贅沢かな。一歳には早いかな。
まあ、一年に二回行くか行かないかだもん、いいよね…?
7月と言えば
7月と言えば毎年の楽しみは

img870.jpg万博公園の蓮です。

我が家の毎年のイベント、ほっぺちゃんは胎児、0才、今年と三度目の参加。
ほっぺちゃん自身にも自分のペースがあるようになったので、以前の大人だけのときの様に、5時起きで即出!…と言うわけにはいかなくなり、象鼻杯にも間にあいませんでした…まあ、しょうが無いね。それは。

去年来たときは
「来年来たらきっとこの子もはしゃいで走り回って、危険なんだろうなあ♪」
なーんて不安にも楽しみにもしていたのですが。

ベビーカーから一歩も降りません…
いや…いいんだけど…いいんだけどね…
何しろ、慎重なタチなのです。危険そうな場所では絶対自分の足で立とうとはしない
楽だけど、楽だけど何か子持ちの醍醐味的なものが無いと言うか。
いや、危険なよりはずっといいのだけどね。

今年は双頭蓮を見つけることもでき、何かいいことがあるのかも!
img868.jpg…って無いとは思いますがw見つけると嬉しいよねなんか。

今回は蓮を見て帰るだけではなく、万博公園の中を楽しんで帰ろう、と言うことで、朝とお昼とおべんと持ちで、サンシェードも持って万全の体勢で来たのですよ。

凄く暑かったけど。

大型の遊具で散々遊んだあと、お昼ご飯を食べて、そのあと芝生ひろばの横の川で水遊び。
この川がまた藻が茂って危険危険。
さすがに一歳で入っている子はいません。たまたまか?
ほっぺちゃんも三歩歩いては滑り、立ち上がってはまた滑り。
でもまあ、出るのを嫌がるぐらいだから楽しかったのでしょうw
満喫することができました♪

写真をね、撮りたいんだけど。
初めての場所ではあたしの手を絶対に離さないので、最近写真を撮ることがなかなかできなかったりします。

その日はすぐ横の児童文学館?で、建物の前で読み聞かせとか、新聞で帽子作りとか、凄く楽しそうなイベントをしていて、是非中をのぞきたかったのだけれど、お昼寝中のほっぺちゃんはベビーカーの中。
ベビーカー置き場にベビーカーを置かなければ行けない決まりだったらしく、係員の女の人に、「寝ているお子さんは抱っこして」と入館を断られてしまい、残念ながら参加できませんでした><
まあ児童対象の施設だからしょうが無いのかな…

また来年は違った楽しみ方ができるかも知れないなあと言う期待もあり
来年も是非トライしたいと思います♪早起きも大変だけどね…

img871.jpgおまけ

園庭解放に行ってみた
前々から気にはなっていたものの機会が無かった園庭解放に行ってみた

内容は盛りだくさん。
手遊び、お歌、プールもさせてもらえたし、絵本も読み放題。
この日は月に一度の給食の試食もあったり。

親子共々とても楽しかったんだ。


…でもなんかね、ちょっと自信が無くなったんだよねw


自分でも何でなのかわからないけど、今のほっぺちゃんはあたしと一緒にいるのが一番幸せだ!って思っていたのよ。
園庭解放に行くまでは。

でも、保育所に行けばおともだちがいて、先生がいて、子供のための環境がある。
一人で放っておかれたりもしないし、栄養のバランスのいい給食も出る

こっちの方がもしかして…ほっぺちゃんにとってはよかったりして…


保育所って、何か楽しそうな所だなあ。
また行ってみよう。園庭解放。
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。