ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スケート教室
結局どうなったかというと、ほっぺちゃんにサンタさんは…来ましたw
外圧に負けたw

幼稚園のみならず、おかいつまでクリスマスだのサンタだの言い出したらあなた。いくら血も涙も無いチコラタさんでも「あんたには来ないよ」って言えなかったんです…
サンタさんはcopiloっていう枕と黒ひげ危機一髪を置いて行きましたとさ
なんで黒ひげ危機一髪…男のセンスってものはあたしにはよくわかりません><

さてさて。
世の中フィギュアブームなんですかね?
TVではしょっちゅうやってますよねー。
昨年の冬季五輪を見て以来、ずっと「スケートをやってみたい」という希望を持っていたほっぺちゃん
今年は市内のスケートリンクの短期教室を申し込む事ができました♪

できました、っていうか、申し込みが窓口に行かないといけなかったから大変だったのよ…
産後すぐにあかんぼ実家に預けて車で申し込みに行ってさ…

何回も説明したけど前日になっても「すきなおんがくですきなおどりしていいの?」とかボケた事を言ってたほっぺちゃんはスケート靴を履くのも初めてw
実は初日は風邪気味だったので欠席したから、クラスの皆は普通にリンクに立ってるところが自分だけ全然立てない。

四つん這いで何とかリンクに入って行って、立ち上がろうとする、転ぶ。
その内リンクの壁を見つけて、あれに捕まれば立てるかも、と思ったらしく壁に向かって這って行き、つかまり立ちしようと思うも手がかりが無く断念…

泣くかな、やめるかな、と思ってリンクの外から見てるんだけど、何度転んでも、黙々と立ち上がろうと、してる。

なんかねー。親も一緒に力入っちゃうよねw

幼稚園になると、こういう姿って、あんまり見られない
へこたれずに何度も何度も立ち上がる、生まれたての子鹿のようなw娘を見て、この子って、こういう子なんだなあと、新発見

思いのほか親冥利なw時間でしたw

結局3日ではすいすい滑れる、って所にはいきませんが、最終日には一度しか転ばず、氷の上をちょこちょこ移動できるようになりました♪


スケートなんて、何かの役に立つとか、そういう習い事には感じられないけど。
もちろんフィギュアスケーターになってほしい訳でもなくw
幼児期の間は、やりたいと思った事は条件の許す範囲で、許せる状況をなるべく探して何でもやらせてあげたいと考えています

そして、色んな事を体験して、知ってもらいたい
知る事で、チャレンジ精神や自信をつけてもらいたいと考えています

まあ、周りは「何やらせても一緒よー」なんて笑ってるけどねw
結局は、親の愉しみなだけなんですかねw



今年もまた、あんまり更新できなかったブログでしたが、来年も細々と書いて行くつもりです
こんな過疎ブログ誰も読んでないと思うけどwもし何かのご縁でここに行き着いた方がいらっしゃったら

来年もよろしくお願いします♪
スポンサーサイト
はじめてのさかあがり
あたしの思い込みだけど、一番最初の子はどんくさい、と思う。
そしてそれは、親が大切に大切に、そりゃあもう大切に育てるからだと。

だから、あたしが子供の頃どんくさかったのは、きっと最初に生まれたせいなの。(…)


その思い込みから、ほっぺちゃんを、体操サークルに入れている。
最初は月に一度の会へ

体操、といっても1歳だものたかが知れていて、跳び箱の上に立つ、とか、平均台にまたがって進む、とか、そういったもので、お遊戯がメインの会だった。
ほっぺちゃんは歌やお遊戯も大好きだし、どんくさい方ではあるけれどwそれなりに体を動かす事も嫌いではないので、とっても楽しんでいた

2歳になって、月に一回ではちょっと寂しいかな?ということで、少し前に、週に一回のサークルへ移った。

ここもサークルだから、お遊戯メインでそうハードな所ではないんだけど、先生がスタント出身(!)だとかで、たまーにあたしが予想していた以上の事をしたりする
トランポリンとか、手押し車とか。

手押し車って!そんな事させるのって普通?…って正直最初は思ったんだけど。

これがまた、意外と誰でもできたりするんだ。普通だったみたい。
人間って意外とやるなあ。びっくりしちゃうぜ。

今日なんて、親が鉄棒にぶら下がる手を押さえて、先生の補助で、逆上がりとかあったんだよー。びっくりだ。
あたしなんて逆上がりにであったの、小学校何年だったっけ。
それまで、存在すら知らなかったよー。逆上がり。
もしかして、くるんと逆上がりできる子になっちゃうかもな!あたしの子だけど!


でもね。
あたしは、多分前にも書いたけど、幼稚園だか小学校とかで初めて跳び箱を見た子供だったんだけど、その時点で、跳び箱見た事だけでも、こどもにとってはかなりのアドバンテージだと思うんだよね

自分が苦手だった事は、子供には何とかしてやりたいぜ。
それが親バカ心ってもんよ。

3月にはやめようと思って、軽い気持ちで始めたサークルだけど、やめる事に迷いが出てきましたよw
ダッコちゃん
スイミングなんですけどね!

初めてスイミングの体験に行ったのは夏で。
もうとっくに笑顔でクロールしていても良いぐらいさんざん通っているにも関わらず…ほっぺちゃんはスイミングがお気に召さないらしいw

効果はあったのよ。
お風呂でお湯かぶっても平気になったし
一歳過ぎに湯船で転んで溺れた時も、なんかうろたえるでもなく「ああまたかー」みたいな感じだったし
水慣れしてて水自体は怖くないみたい。

ただ

プールに入ると1mmたりともあたしから離れたくない、らしい…

おかげで、皆が両脇を抱えられている時も、仰向けになっているときも
はたまたプールサイドに上がっている時でさえ、
ほっぺちゃんはあたしの体側にへばりついているw
皆がお腹を支えられた状態で伏し浮きして
「はい、足をバタバター」
なんてやってるときも、ほっぺちゃんはすっかりダッコちゃん
これじゃ意味無いじゃん…と思いきや。

蝉の様にあたしにしがみついた状態で、なぜか足をバタバタさせているのであった。
うーん律儀な奴めw

まあしょうがないんだよね。風邪を引いたり、あたしの仕事があったり、間があいちゃうとまた一からだからさ。

こんな様子なのに、準備体操は毎回楽しそうなのもなんか笑ってしまう。
わかっているのだか、いないのだかw



Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。