ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーグルトを、食す!
ほっぺちゃんは乳製品アレルギー
でも最近は、前は月に一度だった経過観察も二ヶ月に一度になり、多少の事なら大丈夫になって来た

…と思ってたら、よくよく見たら、片方の肘の内側が、なんか虫さされみたいに赤いよずっと
ありゃー。こりゃあたしのヤクルト一口くすねるからかなー
やっぱりアトピーはあるのかー><

…と言う事がちょっと最近気になっていたりする。

しかし、世の中は乳製品に溢れてる
乳製品を摂らなくても、今の日本で栄養が足りないなんてことはあり得ないし、困らないけど、嫌いになっちゃうと何かと不自由な気がするんだよなー

というわけで、時々食べさせたりもする様に心がけている

今日はあたしが子供の頃好きだったチチヤスヨーグルト
最近のはチー坊のパッケージも超かわいい♪

「ピーボ!ピーボ!」
ほんとだね、チー坊かわいいね。チー坊だけどね。

こないだ三口ぐらいは大丈夫だったから…と思いきや、バクバク(←濁点ね。半濁点じゃなくて)食べるではないか

ちょちょちょ、ほっぺちゃん!かゆくなるかゆくなる!
それ全部食べるんかーい、というと、例によって「かーい♪」と髭男爵w

まあいいや。半分ぐらい。死にゃしないわ。

と思って食べさせたら、肘の裏のぽつりがでかくなって、いつの間にかかきむしってましたとさ><
ほっぺもちょっとざらっとしたし、やっぱりアレルギーなんだなー…

ちょっとしょんぼりする気持ちは、否めません。
まあまた食べさせるけどねw好きみたいだしヨーグルト。

img754.jpg
ぶちうめえ

え?今日はひな祭り?
まだわかんないからいーのいーの。
こんな親の代りにばあばがお寿司を作ってくれましたとさ!アハハ!
スポンサーサイト
どうでもいいことなんですけど!
ヨーグルトを食べたんですけどね。
何ともなかったのーーーーー!!!
二ヶ月ぐらい前はまだ、ほっぺにプツッと出たんですよ。今日は、何ともない。
何ともないよーーーーー!!!(しつこい

去年の今頃はまだ、ほっぺちゃんのご自慢の豊満ほっぺの真ん中には、常に500円玉大のかさぶたがあって、毎晩毎晩薬を塗ってからアトピー用の手袋をして、手首をテープでとめて寝かせていたなあ。
パジャマやかいまきの襟元の所は血やリンパ液でシミになって。

遠い昔の事みたいだなー
負荷テスト
「お母さんが良かったら、ペプチドミルクを飲んでも変化が無いかどうか、テストしてみませんか。しばらく病院にいてもらう事になりますが」

そう言われたのは三週間程前。
うちは粉ミルクをわざわざそのために買う予定も無いので、ホントはどっちでも良かったんだけど、ほっぺちゃんが粉ミルクを飲んでどうなのか、リアクションも見たいしな、と思ってお願いしてみる事にしました

行くまでは付き合い気分だったんだけど(悪い患者だ)、出る直前に先輩ママに「負荷テストって血液検査より大事なんだよ!」と教わって、なんだか急に真面目に受ける気に。

とはいえほっぺちゃんのアレルギーは全然重篤ではない方で、今は脱脂粉乳が入ったパンとか、牛乳で練った、なんて書いてある赤ちゃんビスケットは食べても何ともない。
クリームシチューやヨーグルトなんかは、食べさせるとしばらくかゆがったりする程度。
だからまあ、ペプチドミルクぐらいなら多分大丈夫だと思うんだけどね。

テストは最初は1mlのミルクを飲んで15分観察。
次に2ml飲んでまた15分観察
5ml飲んで15分観察
10ml飲んで15分観察
20ml飲んで15分観察の後、40ml飲んで30分観察で終了。

全てコップだったのですが1mlのときはあたしが零してしまいwなんか量が微妙w
でもまあ、問題なく20mlの所までは快調に飲んでいたほっぺちゃんですが、40ml飲み終わった所で…

寝ました。お腹いっぱいになったのかw
つづきを表示
久しぶりだね、チー坊。
今日は月一回のアレルギー科の日
実はここ一週間位、ほっぺちゃんのほっぺの赤ポチが無くなっていたのです

今日の診察でもうお母さんは乳製品を食べた方が良い、と強く勧められました
というのも元々先生は除去にはあまり積極的では無い考え方の先生だったのでw
でもまあ色々話し合った末に、今の方針を立てたのですが。

カーチャンの 好きなものこそ アレルゲン
お母さんの除去はなんだかんだ言ってつらいものです。
また、除去をした方が早くアレルギーが治まる、と言う考え方と、逆に除去をした方がアナフィラを起こしやすい、とか、そう言う事も迷ったりするし。ね。。

「この子は一歳前には乳製品が食べられるようになるでしょう!」と言われたことがあったのですが、この先生は
「まず卵をやめた方が良いですよ」
に始まり
「お母さんが食べても(このクラスなら)乳製品で湿疹は出ないからお母さんの除去の必要は無い」
といわれて信じて食べたら出たりw結構あたしの予想のほうがあたってんじゃん!的な感じだったので、あてにしてなかったんですが(ゴメン先生w)もしかしたら、最後の予言だけは当たるのかな。当たると良いな(注:でもこの先生は結構議論できるタイプだったので結果的に思う様な方針がとれて納得の行く治療?を受けられている良い先生ですw)

で、話がそれましたがw今日はあたし自身も納得して、ヨーグルトを一つ食べてみました。
選んだヨーグルトは子供の時大好きだったチチヤスヨーグルトw
売り場自体避けていたのでチー坊の顔を見るのもとても久しぶりですw

もちろんまだ本人の除去は続くし、あたしも、まだヨーグルト(は発酵の影響でアレルギーへの影響が少ないということなので。因みに「低温殺菌」牛乳が一番アレルギーには厳しいらしい。)ぐらいしか勇気が出ないのだけど、半年以上に渡る、あたしにとっては長い長い旅が、一つの終わりを迎えようとしています。
新しく広がったあたしの代替食品探し癖と今まで無かった小麦粉趣味を残してw

まあ、もっと長い旅をしている人がほとんどだし、こんなの苦労の数にも入らないのだろうけど。あたしにとっては一杯一杯だったんだよw

ブログで知り合ったおともだちで、今アレルギー関連で悩んでいる方が複数いらっしゃるときに、自分はこんな日記を書くのかなー?ということをちょっと躊躇したりもしたのだけど。
でも、こういう日が来る事を、今頑張っている人には信じてほしい。
そして、希望を持って大切なお子のアレルギーと付き合ってもらいたいと思います

みんな、がんばってね。応援してます。
赤ポチ
昨日は以前の日記でも書いた事のあるみくしのオフで阪神尼崎へ

今回はアレルギ-っ子を持つ先輩ママたちに色々教わる機会があり、涼みに行っただけのはずが予想外の収穫でした♪
…ただね、なんか気付いてしまった事も多くて、今日はちょっと下降気味。そういう日記です。

昨日色々教えてもらったママは三人なんだけれど。その内お二人とはアレルギースコアの話も聞けたんです。
一人は脱ステを頑張ってるママで、お子さんは見る度に肌が色白になって綺麗になっていく子
スコアはうちと同じ位だったんだけど、薬を付けている間はほっぺちゃんと同じ様な、片ほっぺの赤ポチがずーっとあったのらしい。
もう一人は見た目は全然気付かなかったけどママさんのお話を聞いてそうだったんだ!って思う位の元気な子だったんだけど、やはり月齢が上がるに連れて、甲殻類とか別のアレルギーが出てきたとの事。

ほっぺちゃんは以前から書いている通り、ミルクアレルギーっ子なんだけれど、完母でアレルギーっ子を養うために、母親は除去食中。
今あたしがしてるのは、まずアレルゲンの乳製品。
でもアレルゲンを除けばブツブツが出ないかって言うとそういうことはなくって、油ものや刺激物、嗜好品(コーヒーとかチョコとか)を制限した食事を今とっています。
次に離乳食が始まっているほっぺちゃん自身。これは普通の離乳食で、乳製品を除いたものを摂っています。
これで今は薬無しでほっぺの赤ポチだけになっていたので、どっかで解決した気持ちになっていたのですよ。

でもそうじゃないんだ。
これからひどくなるかもしれない。
新しいアレルギーが出て来るかも知れない。
必要以上に怯える事は無いけれど、でもそれが現実なんだな…ってこと。

大体、うちの場合、親族にゼロ、って言う事は無いけれど、両親はアレルギー素因は無くて、これはたぶん妊娠&授乳中のあたしの食生活がアレルギー発症の大きな原因なんだろうなと思ってるんですよ。
あたしが卵あんまり食べないから卵アレルギーはなかったしね。
あの頃のあたしはただ産む事がゴールで、そんな事は何も知らなくて暮らしていたから、そのせいでほっぺちゃんにしなくてもいい苦労を一つ増やしてしまったんだよね…
もうほんとに、それが悔やまれる。(普段は忘れてるけどw)


ちょうどこないだブログを書けなくなっていた時もこの事で酷く落ち込んでいたんですよ。
目を離した隙にじいじが、ほっぺちゃんにすき焼きのこってり味付きうどんを食べさせた事をきっかけに実家の家族と口論になりましてねえ。その時の捨て台詞が

「神経質になるな!」
「子供がかわいそう!」

…いやいや。そういう問題じゃ…無いから…
アレルギーというのは、なかなか理解されにくいもの…でもなんか、どっと来ちゃってね。
色んな事が本当に悲しくなりました。
まあこれも、自分の中で整理がついて、もう何ともないから話せるんだけどw

もっと強くならないといけないなあ
もっと賢くならないといけないなあ

昨日話したママたちはそんな苦労なんて想像もさせない位明るくて、後光が差して見える位ステキでした。

…二人とも年下だったけどね。みんな、若いなあ><
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。