ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全くの赤っ恥と、今日の収穫…その2
さて、続きね。

チャイルドシートに載せた瞬間、変な気はしたのよ。
それまでガンガン泣いてたのに、なんか独り言とか言いだしたの。
車で小児科についたは良いけど、駐車場は満員で小児科周辺にも駐車の山
ちょっと奥のタイムズに停めて、大慌てでダッシュ
病院に入ったら…激混み!
何この人混みは…全然座れない。今こんなに皆病気なの!?
しかも気付いたら靴はかせて来るのも忘れちゃって、抱っこで受付へ

「さっき電話したチコラタです!」
「あ、わかりました。診察券いりませんから保険証お願いします」
「はい!…あ、あれ?ぼぼ母子手帳ならあるんですけど」
「…」
ごめんなさいごめんなさい動転してたんだもの><

そんなこんなで看護士のお姉さんに呼ばれる
「肩ですね」
「はい、いつもは全然泣かない子なのに凄く泣いてそれで」
ここの看護士さんはいつも若いのにクールでやさしい
あたしの言う事を冷静に、でもやさしく聞いてくれる
「大丈夫ですよ。ちょっと見てみましょうね、ほっぺちゃ-ん、パンパンとってー」
と差し出されたパンのおもちゃに

普通に手を伸ばすほっぺちゃん…てめえ…

「あああの、こ、混んでるしあたし帰ります、あの」
「大丈夫ですよw一応見て帰りましょうねw」←既に笑ってる看護士さん

待ち合いの席が空いたからとりあえず座る
隣の愛想のいい赤ちゃんがニコニコ寄って来てくれるからママさんに何の病気ですか、って聞いたら
「嘔吐下痢でー」
うっ、正直怖い…
でもそのママさんすっごい美人でお化粧バッチリだったの!
うつらなかったんですか、って聞いたら
「いいえー、パパが貰って来て、この子、あたしで最悪ですー」って!
嘔吐下痢でも綺麗な人は綺麗なのねえ。

閑話休題。
それから何度も、帰ります、と訴えるあたしを尻目にほっぺちゃんは診察へ…
いつもクールなキレ者先生の前に座るだけでも針のむしろだったのに

この嘔吐下痢満載の中目新しいもんだから県立から来てる若い研修医も見に来た中
「なんともないですねー」
って言われて…帰って来ましたとも…(涙
だから帰るって言ったのにーーーー!

もうなんか、悲しくなっちゃった><
何であんなに泣いたんだろ。この子。
とぼとぼとタイムズへ。
駐車場代も無駄だし…と思ったら、高架下の集会室に何だかかわいい飾り付け?
近寄って見てみると「子育てひろば」って書いてある。へえー!
覗いていたら中から保育者らしき人が出て来てくれて、あれ、これあたしも着た事あるエプロン…!

なんと、あたしの子育て支援のお師匠様がしてる子育てひろばだったの!
久々にお師匠様に会って、近況を聞いてもらって、考えてる事、迷っている事を聞いてもらううちに、なんか心も晴れてきた。
参加してる人の中に、子供の方が抜けちゃった、って人もいて
「そういう時は接骨院よ!」
って言われて目から鱗。

そしてお師匠様が言ったんですよ
「あーそれは、うまれて初めてそんな所が痛かったからびっくりしたんじゃないのw」

そうかあ。そうだったのか。
あたしそんな事も気付かなかったんだなあ…余裕がないってダメだなあ。
そこの子育てひろばに来月行かせてもらう約束をして、失礼する事に

「あれ?チコラタさん、なんか忘れ物してるよ。問診票?」
そうそう。おたふく風邪と水疱瘡の予防接種の問診票貰って来たの。
だって何の収穫もなく医者に行ったなんて悔しすぎるもん!
どうしようかなあ。予防接種。

でも、それ以上の収穫があったわ。
ありがとうお師匠様。ありがとう神様。

また今日から頑張るぞ。
ホント人間、健康が一番、だよね。
スポンサーサイト
全くの赤っ恥と、今日の収穫…
言いたくないんですけど、悔しいんですけど。
インフルエンザだったらしいんです。あたし。

…待って、最後まで聞いて。
B型だから。
予防接種の方とは関係ないB型だもん!
予防接種関係ないんだもん…!!!
…はあ。

その話は後に(この空白の日々の中のどこかに)書くとして

やっと治りまして。最後お医者に行ってきたんですよ。
「先生、このマスクいつまで…」
「もう良いんじゃないっすか!?」(←原文のまま)
って言われて、ウキウキで色々用事を済ませて家に帰って、そのままうちに入らずに洗濯を干して

…る間にほっぺちゃんがウン気がつきましてね
「ちょっと!トイレ行きたいんだけど!!」って言い出しました。

いや待って、病み上がりでトイレ掃除してないし…
そのままおむつでしてよ。
そう思って放っときました。

そんな目に遭わされるのは初めてのほっぺちゃん
何で!?母さん日頃必死なのに(いやそれ言い過ぎ)何で!?
と思ったでしょうか、まあその時には全然そんな事気付きませんでしたけど。

何か妙な空気の中、洗濯を干し終わり、うちに入り。
先に上がってもほっぺちゃんは何かぐずぐず言っております

今思えば、ここでもっといつもの冷静さを持つべきだった。
あたしも病み上がりで子供に向き合う気持ちが少なかった。
めんどくさい、って思いながら、両方の二の腕を持って
無理矢理ほっぺちゃんを抱き上げたその瞬間

ぐぎ、って変な音がした。ほっぺちゃんの左肩から。

火がついた様に泣き出すほっぺちゃん
それでもまだおむつの中のウンチが気になるあたし。
無理矢理脱がせておむつを替えて
服を着せてもまだほっぺちゃんは泣いている。

普段こんなに泣く子じゃないのに

不安になって肩を触ると、ますます泣く
手をあげようとしても動かない
何で!?赤ちゃんって抜けるの肘なんじゃないの!?
肩はほとんど抜けないって聞いてたのに。
もしかして、肩抜けた…?

脳裏をよぎるのは良く肩が抜けていた弟の泣き顔
どうしよう、どうしたらいいの?
これは小児科?外科?
でも外科だったら有無を言わさずレントゲンだ。レントゲン怖い。(←素人判断…)

すっかり動転して予防接種専門にかかっている小児科へ電話
「肩が抜けてるってどうやったらわかるんですか?かかるのは小児科?外科ですか?」
と聞くと、うちで見ますからとりあえず来て下さい、との返事
まだ泣いているほっぺちゃんを車に放り込み、そのままダッシュで病院へ…

あれ、長くなったな。
続きは、明日の日記へ…
さんりんぼう
鼻水がちょっと出てるし、今日は用心してスイミングはお休みしよう。
天気もいいし、散歩でも行くかな。
そんな温かい一日。

ほっぺちゃん、歩かせてみると結構歩く歩く。
面白いので散歩で遠出させてみました

自分の足で歩く事が楽しいのか、休み休みではありますが結構歩くほっぺちゃん
自由って最高!自由ってステキ!
そんな感じで道の隅っこの溝まで歩いて行って…渡した板の上でちょっとすべって…と思ったらどういう訳か顔を強打…!おいおいおいおい…!

「うあーん><」
と珍しく泣くので駆け寄ると、口から血が…!

びっくりしてみると歯で口の中をちょっと切ってました。口から血って!あせるわちょっと!

そんなこんなでケチがついたのでお家に帰ってごはん食べてお昼ね。
結構ゆっくり寝たので元気が余ったのか、おうちの中でウロウロしています

あたしは階段の下で洗濯物を畳んでいたら、階段のぼりを始めたほっぺちゃん
「んあ!んあ!」(ちょっと。ここまで登ったよ!)
あーそう。すごいね。三段も。もう降りなさいよ、と言いながら、あれ?靴下が片っぽ無い。
靴下靴下…あ、あった。靴下ってすぐ無くなるんだよね。なんでだろ。

「んあー!」(ここまで登ったら降りられないから下ろして!」
ちょっとー。そんなに登っちゃダメじゃん!階段の半ばまでほっぺちゃんは上がっています
畳んだ洗濯物かごに入れたら行くからそこにいなさいよ、って思ったら

あれよあれよというまに階段の一番上へ。
階段の踊り場は自分の部屋が無いあたしの製図室。そこにはロック糸や副資材がおいてあるのです。もちろんほっぺちゃんをそこで地面に下ろした事はありません。
ほっぺちゃんは裁縫箱大好き。普段唯一開けられる糸が入った引出しから糸巻きを引っ張りだしてはしまうのが、うちでもおばあちゃんの所でも、趣味なのです
初めての宝の山を前に、ほっぺちゃん、それを二階から投げ落とし始めました…!
つづきを表示
記念すべき…!
今日初めて!ほっぺちゃんが膝小僧を擦りむいたよ!大人だー!
生まれて初めて膝を擦りむく日なんて、ちょっと記念日だよね!

レギンスをはいていたので、その時は気付かなかったのだけど、トイレで見たら、ちょこっと擦り傷が♪待ってたわー♪

そう実は。
一歳過ぎたらよく怪我をする、っていう話を聞いていたので、そのために救急セットを用意していたのです。さすがお母さん!買い物依存症!(…)
救急ポーチからマキロンを出して消毒。そしてわざわざそのために買ったNexcareとかいうウォータープルーフの絆創膏をペタリ。tatooとかいうので、ディズニープリンセスの絵が書いてあるの。

そんなこんなで、今ほっぺちゃんの膝小僧は白雪姫の絵入りです。
これからもバンバン怪我していいんだよー。小さい怪我限定で!
さっきの事件
あかんぼっていうのは思わぬ事をするものですが、ついさっきの事
先に湯船から出て、洗い場に立ったあたしを見て何を焦ったのか、ほっぺちゃんが妙な動きをして、仰向けにひっくり返った。

湯船の中で。

びっくりした顔のまま一回沈んで
一瞬浮き上がった時に「ぷあっ」っと息をして
当然体制を立て直せずそのままもう一沈み

したところであたしに引っ張りあげられたんだけども
びっくりしたあああ。目の前の事とは言えほんとびっくりするよー
これ、肺に水とか入ったりしないの?ねえ?しないのねえ?
いやあまさに、あかんぼの死因ナンバーワンは不慮の事故、ですよ。こええええ。

救出された1歳児はちょっと咳き込んで、ふえ、とすこし半泣きになって、このまま大泣きか!?と思ったら意外と何も無かった様になっていました。
そ、そういうもんなの!?こういうのでお風呂嫌いとかになるんじゃないの?って思ったけど、よく考えたらベビスイでしょっちゅう足のつかない状態で水中に沈められてるから、本人としては、一人だから心細かったけどアレとおんなじ様なもんって感じなのかもな。水中手渡しとかさ。
なんだかんだ言ってうまく息継ぎしてたし…

ほんとは自転車と一緒で、最後に湯船に入れて、最初に湯船から出す、っていうのが基本なんだろうけど、最近寒いから、ついあたしが先に出ちゃったんだよね…風邪引かせない様にしてたら事故死した、じゃシャレになんないよな…どうしたら一番良いんだろうなあ…

それにしても少し動ける様になった昨今が、一番恐ろしい。
建物の中で立たせると必ず外に出ようと出口から出て行こうとするし
道路に立たせると必ず車道に降りようとするし
何かさせると、必ず、危ない方に行く。もうほんと必ず。
それだけの勘がありながら何故逆の行動をしない…

でも事故ってさ、ほんの一瞬の出来事なんだよね。
少し前にもあったじゃない。お風呂フロートで溺死した赤ちゃんが結構いるって話。
うちはアレを使おうとは思わないけど、きっとこんな感じで、いつもは大丈夫だった、一瞬の出来事だったんだろうなって思うんだ。
気をつけないと。ね。
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。