ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刃物デビュー
台所に立つ,と言う話をしたばかりですが、2歳児が自分をわきまえる訳も無く
正直、立つ様になってから毎日、
「ほっぺちゃん、ほうちょうがやりたいわあー」
って恐ろしい事を言うんです…

いくらあたしでもそれは嫌よ。
世の中には2歳の誕生日に包丁をプレゼントしちゃう親御さん、なんかもいるみたいだが,あたしはそんな、労力がいる事は嫌です。ご飯作ってるだけで白髪になっちゃうぜ。

とはいえあんまりむげにするのもアレなのかなーとか思って、子供用のピーラーを買いました。なんか幼児用らしいよ。
何でこのタイミングかって言うのには全く理由はなくて,ポイント十倍だったんですw

で、届いたのでさっそく二人でカレーを作りました
午後から母親教室だったのでね。

img966.jpg

なぜか写真が白飛びしてますが…
2歳に刃物持たせて写真を余裕で撮れる程のキモの持ち主じゃないのよwすいませんw

ニンジンとじゃがいもの皮を剥いて、彼女は大満足
あたしは見てるだけで疲労困憊w

まあなんとか、おいしいカレーが出来上がりました
包丁はね。3歳のお誕生日まで,ガマンね。ガマン。
つづきを表示
スポンサーサイト
だいぶマシになりました
お部屋の中にグリーンをと一生懸命なほっぺちゃんでしたが、絨毯から草が生えて来る前に、コップ飲みが上手くなったみたいです

まあ、自信過剰での見終わった後にこぼしてしまう事はあるが。
お茶の入ったコップをテーブルから取って、飲むまでは何とかこぼさない様になりました♪いいことだ♪

と思ってたら。

ある日お茶が飲みたいなーと思ったほっぺちゃん
テーブルの上に空のコップと水筒を発見!
母さんはあいかわらずほっぺちゃんの事は放置、自分で入れるしかないわ…!
と思ったのかどうか知りませんが、手を伸ばしてお茶を入れようとしているじゃ無いのw

そうそう、最近支援センターでも、ポットとコップを持って「じゃー」ってお茶を入れる真似に余念が無いのよねえ。

残念ながらうちは、子供用にはナルゲンのボトルにロックのかかる蓋をつけて水筒にしているのです。やったあ!家にいてもロック機能が役立ったー!!!(←凄ーく嬉しいw)

どうするか見ていたらコップと水筒を持ってあたしの所にやってきましたw
ほっぺちゃんも色々わかる様になって来てるのねー

二重の意味でちょっと嬉しかったのでした
どっちかというとロックが役立った方が正直嬉しかったw

そんな機能別に必要ないよね?とかは禁止の方向でお願いします。ええ。


ポケットの中には!
お菓子作りになんて縁の無い人生でしたが
いや、義理チョコぐらいは作った事ありましたが

img736.jpg


うまれて初めてビスケットを作ったのですよ。
なんかamazonのレビューにそそのかされた、自然派おやつの本を見ながら。

やっぱりさー、一朝一夕でできるもんじゃないのねー
ほんのとーりにやったんだけどさあ。
生地は柔らかくて成形しにくいしさあ。うーん。

「自然派」とかじゃなくて「はじめてさんでもゼッタイできちゃう♪」みたいなおやつの本にした方が良かったのかなー…

まあとにかく、焼けました♪
img737.jpg


味は、まあまあだね。まあまあ♪
おはしだいすき
ほっぺちゃんはお箸が好きだ。
img722.jpg


まあ、大人がみんな持ってるからだろうなあ。単純に。
お箸を持たせるとかならず、上の方をそろえたがるの。何でそこが気になるのかねえ…

写真みたいにすくって食べるので、使いだすともんのすごく食事に時間がかかる。
だから出さないんだけど、麺類の食事介助ってやっぱりお箸がしやすいじゃない。
で、食べさせてるうちに取り上げられるのであった…

奥歯が生えてからは何でも食べる様になり、手づかみが上手になり。
最近はスプーンでモノをすくって食べるときも。
早く一人で食べてくれると、楽なんだけどなあー。

まあ、食べさせるのも、楽しいんだけどね。たまになら、さ。


禁断の果実
りんごをいただいたので、今日のおやつはりんご

うちはアレルギーっ子だったこともあり、果物を与えるのが遅く、りんごも吸ったことならあるけどwまともに食べるのは初めて。
前歯がすでにあるので、食べたかったら自分で食べるだろうと思い、普通に六つ切りに切って与えたら、食べる食べる。
結局半分ぐらい食べたのではなかろうか。
これからはりんごもおやつラインナップに入れてみるかあ♪

そんな夜。

みくしの某コミュで衝撃的な話題を見つける
「りんごは三歳まで与えない方が良い」

またまたあ、なんて思いながら読み進めると、2-3歳でりんごがのどに詰まって亡くなった親戚のお子、ご近所のお子、という話が思ったより多いのだ。

ええマジで。今日与えちゃったばっかりだよ。
今日無事だったのは、ある意味運が良かったのか…

赤ちゃんが食べてはいけない食材といえば、はちみつとかピーナツなんかが有名ですが、りんごは知らなかった

与える際は、小さく切らないこと。大人がそばで見守ること。

りんご果汁とかすりおろしりんごとか、身近な離乳食食材だから、知らない人って多いんじゃないのかなー?おいしいから食べさせてあげたいものだけど、知って与えるのと知らないと与えるのとじゃ、全然違うよね。

禁断の木の実、になったのは、こういうことも理由のひとつだったのかな?関係ないかw
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。