ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良いお年を!
さてさて。

未だ隙間を埋めるどころか、コメ返しもできていない現状ですが、いつの間にか今年が終わろうとしていますよ。どうすんのこれ。
残った日々を隙間埋めとコメント返しに費やしますのでw今年のほっぺちゃんと一緒は、この日記でおしまいとさせていただきます。

ほっぺちゃんも朝からクッキングペーパーを引っ張りだして散らかして、テーブルの上を物色して散らかして、我が家はやっと正常運転。
やっぱり、あかんぼはこうじゃなくっちゃね。いいぞ。
さあ、あたしも今から掃除と荷造りをして、今年中に帰省できるかしら…><

皆様も良いお年をお迎え下さいね♪
楽しかった毎日をどうもありがとう!

またね!

スポンサーサイト
やっと笑った♪
嘔吐下痢ですよ。奥さん。

発症は23日。色んな事があったのはまたいつものごとく後日こっそり埋めて行くとして
あたしの大失敗だけは、メモに先に残しておこうと思うの。

21日にね。病院に行ったんですよ。
それまで一ヶ月程、良くなったり悪くなったりの咳の風邪でね。RSウイルスとか言う奴です
一ヶ月間は熱もあっても微熱だったし、様子を見てたんですけどね。咳がちょっと酷くなったのと、いつもならそれだけなら様子を見るんだけど、22日から仕事だったので、念のため、と思ったんですよ。

で、抗生剤とか咳止めとか鼻水止めとかのシロップを貰って帰ったんです
嘔吐下痢のウイルスの潜伏期間は2日(胃腸科の先生談)。間違いなくここで貰って来た訳ですね。
ついでに言えばその二日後、25日に両親揃って発症。父親は寝室の絨毯にゲロ。母親は40℃を記録という最悪な事態に陥ったんですよ。余談ですけどね。

で話は戻るんだけど、休日夜間診療にも行ったんだけどね。二度。
その話はまた埋める時に書きますけれど。
二度目の先生に、薬を一切出してもらえず、仕方が無いので自分でビオフェルミンを買いに行ったんですね。で、そこの薬剤師さんとビオフェルミンについて話してたんだけど

「抗生物質って、腸の良い菌まで殺しちゃうんですよ。そう言うときはビオフェルミンRがうんぬん」
って、言うんですよ。え?てことはよ。あたしのしたことって、

「ほっぺちゃんをウイルス蔓延の中に放り込んだ後、腸の良い菌を抹殺」

ってことだったんじゃないの…?
そりゃ、感染するよね…嘔吐下痢…もらったっていうか、貰うべく環境を作ったんじゃん…

この状況でビオフェルミンすら、一切の薬を出さない、って言い切る医者(いや、それも一つの考えだけど、敢えて不安で夜間救急に来てる患者にそれは無いでしょwプラシーボでも出そうよw)にあたったり、お医者さんに行った事でこんなに苦しむ病気を貰ってしまったり、もうこれからは、全く知らない病気じゃないと病院には連れて行くまい、と心に決めて、でも0歳のときの嘔吐下痢より長引いているので、半分不安になりながら様子を見続けていましたが、やっとさっき、ほっぺちゃんがくすぐったら笑いました…よかった…今回は間違ってなかったんだ…

この間、色んな人に助言を貰いましたが、その中で一番覚えておきたいのは薬剤師さんと保健センターの助言

「緊急のときは休日夜間診療に行ってはいけない」

休日夜間診療所は、当番制なので必ずしも小児科の先生に当たるとは限らない。(そのために薬を出さない、なんて言い切る医者に当たったのではないか)本当に困ったときは119番に電話して、夜間診療の小児科を聞いて、そこへ行く事。
これから年末年始、参考にされる方は、して下さいね。もうみんな知ってた事なのかも知れないけどねw

ほっぺちゃんはまだぐったりして元気は無いけれど、今日は一度だけ、チャンネルをいたずらしてました。段々元気になって来てるんだね。

いつも自信を持ってこどもに挑まねば、と思ってはいるけれど、ホントの所はいつも不安。
こどもが体調なんて崩したら、不安で泣きたくなるよ。一人目ママなんて、そんなもんだよね?
でも、今回も何とか、乗り切れそうです。

チャンネルなんていくら変えても良いんだよ。早く良くなれよ。
深夜特急1~なんだかんだで一ヶ月
続いてるんですよ…咳の風邪。

たぶん引いたのは先月の末だから、かれこれ一ヶ月近く、あたしもほっぺちゃんも、二人してスッキリしない日々が続いているのです。
おかげでベビスイの月謝は一ヶ月ドブに捨てたってもんだよ!もったいねえ…もうやめちゃおうかな…(←早過ぎ)

しかも今朝は、起きたらちょっと、お子の咳の様子が変わってる。
まあこんな事は何回もあったけど、実はそろそろ今月もお仕事なんだよね。
しかもイブイブ(って言い方は今はしないのかな?)はお呼ばれの予定もあるし、実はこれから超忙しいシーズンに入るのだ
しかも、一日は父親に預けて出ないといけない。準備は万全にしておかないと、後で何て言われるか、わから無いし…

しょうがない。とうとう諦めて、医者に行くか。

そう決心して、思い腰をあげたあたし。朝から小児科に行ってきました
連休前の小児科は、激混み…当たり前だよね…ははは…
でもそれだけじゃない。入るなり、
「おたふく風邪の患者さんが通るので、奥の部屋に入って下さい!」
と看護士さんが患者を整理している。
おむつ換え用のベッドの上ではウンチのおむつを替えてるお兄ちゃん。
大変だなあ。こんな所でウンチなんてさあ。
ウンチ…ウンチ!?
そうか!これ、お腹の風邪だ!そういや流行ってるって言ってたっけ

…しまった…ここ、病気の巣窟だよ…

そう、これが全ての幕開けだったの
これから始まる一週間の事を、この時点のあたしは、予想もしていなかったのでした

つづく…
乳児は歌う
昔何かで、「小さい子がウンチをするのに、ぞうさんの歌がうってつけ」って聞いたんですよ
あのぞーうさん、ぞーうさん、のゆっくりしたリズムが、お子がいきむのにちょうど合うんだって。

なのでね、なかなか出ないときとか、前にしゃがんで「ぞうさん」を歌っていたのですが。

今日突然、ほっぺちゃんが歌ったんですよ!
便座の上で片手を上げて「おーちゃん、おーちゃん」ってw
あ、その片手はぞうさんの鼻なんですけどね。

それ以来、ぞうさんは?というと、両手を上げながら「うおーちゃん♪」と一節唸りますwちょっと変w
でもあたしが今一番気に入ってる赤ちゃん芸なのですw
教えるって、難しい…
ちゃーちゃん、って呼ばれたいんですよ…

一時はあたしのことを、ちゃーちゃん、って呼んでくれてたほっぺちゃんなのですが、周りの人があたしのことを「ママだねー♪」なんて言ってくれたり、あたしも、発音しやすい「まんま」を聞く度に「はいよ!」なんて返事するもんで、最近すっかりあたしの事を「ママ」って呼びそうになってるんですよー

ママとか呼ばれたくねーよー
そんな柄じゃないんだよー

そこで、ほっぺちゃんの方向性を修正すべく、マンツーマンレッスンすることに

「ほっぺちゃん、これだれ?」と自分の鼻を指差すあたし。
「まんま」…ってほっぺちゃん。
ほらみろ。まちがってるし。

「ちがうねえー、ほっぺちゃん。これちゃーちゃん」
「ちゃーちゃん」
「そう。ちゃーちゃんね!」
これを、延々と繰り返す。そんなレッスン。

しかしほっぺちゃんにも意地がある(のだろうか)
「まんま」と呼んでも母が振り返らなくなったのは気付いているようだ。にもかかわらず。
とりあえず「まんま」と呼んでみるつもりのようだ。従って

「まんま」「…」
「ちゃーちゃん」「はい?♪」
「ちゃーちゃん」「はい?♪」
「ちゃーまん」「…ちがうから。ちゃーちゃんだから。」
「…」

を今度は延々と繰り返す事になるのだ。オーバー30と1歳の無言の権力争いである…

その度に、「ちゃーちゃん」と言いながら鼻を指差し繰り返し繰り返し教え込む
ひたすら、根比べ。

その結果。

「ちゃーちゃん」と言うと、鼻に指を突っ込む様になってしまったほっぺちゃんなのだった…


うああああもう!!!
どうやって!
どうやったらちゃんとわかるんだよ!もう!!!

 
またまた子連れで行ってきた
三年ぶりに歯医者に行ってきました。誰も預かってくれないのでほっぺちゃんを連れて…こんなんばっかしだな…

近所に最近できた歯医者さんでねー。気になってたんですよ。設備が良さげだし、小児歯科もやってるし。
電話したりなんかしたら断られたら嫌なので、いきなり行きます(←最低の患者)

「あの…初診なんですけど…予約もさせていただいてないんです」
「今日はどうされました?」
「歯が痛くって…虫歯だと思うんです。痛くって」
「そうですか」
「しかも子連れなんですけど」
「…」
「あのあの、急に痛くなったので、預かってくれる所が無くって。次は預けて…」
「大丈夫ですよ。一緒に入っていただけますから」
あ、そうなの?なあんだ、言い訳して損しちゃった♪
「少しお待ちいただく事になりますが、よろしいですか?」
「子が持たないので、あんまり長いようなら一旦帰ります」
「15分ぐらいですよ♪」

待合室に行くとノンタンの絵本が。やっぱりはみがきネタなのが微笑ましい。
なんだかんだで、すぐに呼ばれた

とりあえず、歯医者の最初はレントゲン。
「お子さん、一人ですわれますか?」
「はい。大丈夫です。」
…と答えるモノの、一歳過ぎてから多少場所見知りのあるほっぺちゃんは、レントゲン室の前の椅子に座らされてすっごく不安そう
「うーん、一緒に入られます?」
嫌ですそんなの恐ろしい。「いえ、泣かせといて下さい」
そんな訳で、ドアが閉まった瞬間、向こうから号泣が聞こえます…ゆるせ我が子よ。

次は診察。どうするんだろうと思ってたら、なんと抱っこで診察台に座ると言う変な状況に!
始めのうちは膝の上で不安そうにしていたほっぺちゃん、診察がすすむに連れ、不安のあまり泣き出したw
そういや、美容院に連れてったときも、あたしが髪を切られる度に泣いてたっけw
不安を解消すべく楽しそうにしたいんだけど…口の中見られながら楽しそうって限界があるんだよなあー。と思ってたら、先生が、患部を撮るデジカメで、ほっぺちゃんのお顔をパチリと撮ってあやしてくれます。先生和むわー。おまけにイケメンだし。

この歯医者さん、看護士さんも先生も、こどもをかわいがってくれて、ホント子連れで行きやすい。イイとこ見つけたなあー♪

そして診察はあっという間に終わり、というかほっぺちゃんのおかげでお医者さんもあたしも診察どころではなく、歯医者を後にしたのでした。

え?虫歯?
「どこも悪くないですねー。理想的な歯です。」
だってさ、恥かいちゃったよ><
クリスマス会…
もうすぐ、クリスマスですねえー。

できれば、どの宗教にもあんまり関係なく育って欲しいなーなんて思ってるんですよねー…
あああー。こんな事言うと、もり下がるんですけどねー…

だからといって、世の中がこんなにクリスマスムードの中、なあんにもしないって言うのもねえー
こどもがかわいそうなのかなって思ったりするんですよ…

キリスト教国にうまれた訳でもないのに、これだけの事が何でこんなに悩ましいんだろうねえー。
んー…

そんなこんなで(何がだ)自コミュのクリスマス会に行ってきました!む、矛盾!!
親子19組が集まってくれて、○ストコで買い出しまくり、豪勢にクリスマスを楽しむ事ができました♪

…っていうか、ほっぺちゃんにご飯食べさせてたら、もう食べるモノはほとんど無くなってて、ケーキしか写真が無いんだけど…何してたんだあたし…

しかし、前から興味があったコ○トコケーキを注文したんだぜ!
img694.jpg


かわいいでしょー!
それがねー、コス○コにケーキ予約したらさあ、「クリスマスケーキ以外にはメリークリスマスの文字は入れられません!」とかケチな事言われちゃってさあー。
なんだよう。ケーキにご祈祷でもしてるのかよう。

で、困ってたら、中の天才ママさんが、プレートを作って来てくれたと言う訳!
才能があるって言うのは良いねー。素晴らしい。しかもチョコレートでできてて、かわいい上に美味しかった!

…ってだけではなくて、お子がいて、皆が皆、一杯一杯で毎日をやり過ごしてるのに、そんな中でここまでやってくれる、って言うのが凄い。

こういう会をすると、どうしても誰かがお子をほったらかしてでもやらなきゃいけない事ってのが出て来るじゃないですか。準備も然り、片付けも然り。
そこで子をほったらかして、これ誰のためにやってんのよ!?って思ったり、するんですよねえー。
ホントにこんな事がしたいの!?って。

そう言う事に協力してくれる人ってホントにありがたい。し、凄い。やっぱり。
人が集まると色んな事あるけど、こういう人たちと出会えたことは、ほんと、やっててよかったなあって思うんだよねー

楽しい事ばっかりじゃないけど、細々とでも続けて行きたいなあと思うのは、こういう時。
来年も、面白い事をたくさんやって行けたら良いなあー
そんな事を思う、クリスマス会なのでした。

それはそうと、どうしようかなあー、うちのクリスマス…
貧乏人はスパッツを履け…!
大きな声では言えないけれど…

「子供服が好きだー!」


もうね、産むまではね。思ってましたとも。
「こどもにブランドもの着せる親って何考えてんの!?着せ替え人形と勘違いしてるんじゃないの!!」

それがどうでしょう。
にわかせんべいに始って、今や一番のおきにいりはfifth May、ストアーズやデニム&ダンガリー、リハイもいいな。エーグルもバーバリーもかわいいしそれからそれから…



すいません、病気です。独身のときは「趣味がファミセ」だったし…

しかし我が家は何度も言う通り貧乏。
限りある資源を有効に使わなければなりません。残念ながら。
そこで勢い、「大きめの服を買って長く着せる」という戦法を選択する事になる訳です。
実際、一歳二ヶ月で、100サイズの服とかありますよ…こうなるともう虐待。通報されたらどうしよう。

こないだ某セールに行った時に片隅にタイツがありましてね。
ちょうど気になってたんですよ。タイツ。
実は、タイツって一本も買った事無かったんです。
レギンスだと、サイズがでかくてもくしゅくしゅで着てかわいいじゃない。その方が絶対長く着られる!って思ってたから。

でももしかして、レギンスでできるんだから、タイツでも大きめ履けるんじゃない…?
そう思って、買ってみたんですけど。大きいサイズのタイツ。


…やっぱりタイツはオーバーサイズはダメ。(いやみんな知ってた事だが)
どんどん先の方に溜まってくるわ。危ない。(だからみんな知ってたんだって)
貧乏人は、タイツは買うなってことね!

かわいい色と形なんだけどなー。ゴムでも縫いとめてくしゅくしゅにしてみっかな。伝線しちゃうかなー?

君が仰ぐその空は
何の予定も無い時は、なるべく歩いて買い物に出かける様にしています
子も一人だけだし、何をしなきゃいけないでも無いし、こういう事ができるのも今だけだもんね。
それに、ほっぺちゃんには歩く力を身に付けてもらいたいし。

それにしても今日はちょっとハード。
郵便局→銀行1→銀行2→お菓子買い出しw
この四件は行ってもらいたいのよほっぺちゃん。行くぞ。

大きい道や信号はだっこですが、あとはずうーっと歩きます。
何しろ歩きたてだから、歩くのが楽しいし、文句なんて言いません言いません。頑張れ頑張れ。

行った先行った先でほっぺちゃんは大人気。小さいって凄いねえ。
皆から声をかけてもらったりかわいがられて、行った先でも抱っこしないで済む事の方が多いぐらい。
とはいえこんな世の中なので、気は抜けませんが…

それにしても自分で動ける様になると自然と世界が広がるんだねー!
道に埋まっている金属の蓋を取り出そうとしたり、知らない携帯屋さんに入ろうとしたり、不動産屋さんの前で物件を検討したりw
凄い勢いで、地球について学習中です。

銀行1を出て、左に曲がった所でほっぺちゃんがふと、上を向きました。
…そう、上を!
今まで自分の真上の視界なんて、気にした事も無かったのに。
飛行機だよー、なんて言っても気付きもしなかったのに。
それを指差して「あ!あ!」って。何かを知らせようとしている。

見上げたその指の先には、茶色くなった街路樹の奥に、青い青い、青い空。

ほっぺちゃん、それはそらだよ。
これからきっと、ほっぺちゃんの側にいてくれるたいせつなおともだち。

そらが、あおいねえー。
好きにさせてよ!
少し前から、トイレイヤイヤのほっぺちゃん。
それに伴って赤ちゃんトイレがどうでも良くなりかけていたあたしですが、とりあえずウンチだけはトイレでしてもらってます。良い奴だよねえー。ほっぺちゃん。

でもふと気付いたんだよ。
もう歩けるんだから、連れて行く必要ないんじゃん。自分で歩け、って。

そう、もう自分で行けるんだ。なのに連れて行かれるから、だから嫌だったんだ。
行きたいんだったら自分で行くんだもんね。

それに気付いたら、なんかまた赤ちゃんトイレに気がむいて来たぞ。ちょっと聞いてみよう。
「ほっぺちゃん、トイレ行ってみる?」
「うん。」

…えええ?マジで?そういう返事?
予想外の事に驚きながらも手を引いてトイレにいくと、自分で入って行くではないの。
これが正解だったのかー!

とは言え、もちろんまだ毎回なんて事は無いのよ?脱がせたらおむつはびしょびしょだしw聞いても「イヤヤ」(←既に訛ってる…)って言うときもあるし。
でも、一日に何回か、自分でトイレに行こう、っていう気持ちになっているらしく、暖房のために締め切ったドアを叩いて、トイレに行かせてーとアピールします。

一時はこの子トイレが嫌いなのかなあ…とか思ってたけど、また一つ、ブレイクスルーを迎えた、そんな気がします。

描く!
今起こっている出来事。

img692.jpg


描いている。一心不乱に描いている。
時々立ち上がって、鉛筆を持ったままウロウロ。
そして画用紙に戻って、また描いている。

今までは四角い蜜蝋クレヨンを持たせてみた事が二度程あった。
あとペンやあたしの色鉛筆を持ち歩いたりなめたりしていることはあった。
赤ちゃんってペン好きだよねwあと、気付いたらおむつの籠に青い線が入ってたりw
でも蜜蝋クレヨンは発色が良くなかったせいなのか、それとも形的に口に入れる方に興味がむいたのか、一向に何かを描く様子なんて見せなかったの。
今日初めて鉛筆を持たせたら、いきなり書き出した。そしてそのままずっと描いている。

人間のあかんぼは、やっぱり犬とかとは違うんだなあー。って思うのはこういう時。
類人猿とかは、やっぱりこういう時描くのかなあ。

教えて安全対策…!
元々安全対策って全然やってないんです…(だから階段から落ちたりするんだけど!)

居直ってるとかでは全然無くて、まーだ大丈夫だろ、と思ってるうちに色んなことをする様になるって言うのもあるし、割と動く事が苦手で慎重な方なので油断してる、っていうのもある。

しかし。そんなあたしでも、一ヶ所、これはしなきゃ、って思ってる所があるの。
それはガスコンロ。

食事を作っているときはいつも、ほっぺちゃんはあたしの足元で、台所散らかし業に熱中している。
散らかしきると、ゴミ箱を覗き、そのあと電子レンジに近付いて、あたしに叱り飛ばされる。
そして必ず、コンロのつまみに手を伸ばすのだ。これはヤバい。

そもそもうちは狭いので、LDKなんて素敵な設備は無い。
台所の片隅で細々と食事をし、一日の大半をそこで過ごす。
安全も何も、貧乏、というのはそう言うものなの。ね。

とするとだよ。
あたしが少し席を外した隙に、ほっぺちゃんがガス自殺…なんて可能性もゼロとは言えないのよ…!
怖い。これは怖い。

噂によればセレーブなコンロにはチャイルドロック、なるものがついているらしいのだけど、うちの貧民コンロにはそんなステキシステムは搭載されていない。
「コンロカバーってあるらしいよ」と教えてもらったけれど、検索しても引っかからないよこれが。やり方が悪いのか。

コンロカバーって、どこに売ってるの?っていうかそもそもホントにあるの?
教えて!
くっちゃい!
ここ三日ぐらい、またおむつでウンチするんですよー><

ちょうどいいので以前からの疑問、「あかんぼはウンチをどう思っているのか!?」を知るべく、ウンチの乗っかったおむつをほっぺちゃんに見せてみました。そしたら
「イヤイヤイヤ」
と嫌がるではないか。そうか。嫌か。やっぱり臭いかな。何で嫌ってわかるのかしら。
「ほっぺちゃん、これウンチ。くっちゃい!」
と鼻をつまむ真似をしてみせると、ほっぺちゃんも鼻をみゅ、とおさえる。まだつまめないからね。
「そうそう。ウンチ、くっちゃいねえー」

そんなこんなで夜、今日はほっぺちゃんなかなか寝ない。
添い寝で横になってるあたしの枕元に座ってごそごそ遊んでたら、なんかじょじょじょーって音がw
あれー?ほっぺちゃんおしっこしたのかな今、って思った瞬間、ほっぺちゃんがにやあ、って笑って一言。

「くっちゃい!!」

ちょーwそう来たかー!w
シモは全て「くっちゃい」かあw
っていうか、覚えてるもんなのねえー。それとも印象的だったのかなあ…

それにしても、それ、する前に言ってくれたらなあー!
未完成
8ヶ月過ぎた頃から毎日毎日新しいことをやって見せます

昨日急にできるようになったのは、指差しと、お返事。
取ってほしいものをさすのに、人差し指だけがちょっと飛び出すようになりました。→でもまだ他の指をぎゅっとは握れない

「ほっぺ(いや、ホントの名前ねw)ちゃーん」と呼ぶと手を挙げて「はー」とお返事→でも全然違う名前でもお返事

…んー。どうも芸にしちゃ弱いな。中途半端な。

いつの間にか音楽にあわせておしりをふりふりするようになったり、むすんでひらいてができるようになったり、乳児芸人への道まっしぐら。じいじとばあばは腰砕けですw
今日は「ギンギンギラギラ夕日が沈むー」とかいうのをひいおばあちゃんに習った様子でギラギラやってます。ギラギラ。

今まで午後に行ってた月二回の支援センターの予約を、今月から午前に変えました。
午後は0歳児が多いのだけど、午前になると2-3歳児が中心。
それまでこっちが不安になるほどwプラレールに張り付いていたほっぺちゃんでしたが、周りがよく動くせいか、はたまた視界が広がっているのか、今日はプラレールにはまったく興味を示さず、押し車を押したり車に乗ったりボールを投げたり、一番のお気に入りは滑り台逆走で、お兄ちゃんおねえちゃんに迷惑掛けまくりでした。
ちょっと…あたし今日午前デビューなんだから変なことしないでよ外聞悪い…

初めて行った午前の部は予想通りみんなお互い顔見知りらしくって、ちょっと肩身が狭い部分もあったけど、やっぱり子どもは興味深そうだったし、あたしが少し先を行ってる人と話すのも参考になったし、午後だと激込みの赤ちゃん用おもちゃが空いてたのでwそれもよかったなって感じ。
朝から出るのは結構大変だけど、まあそれなりに得るものもあるので、当面はこれで頑張ろうと思います。たまのことだしね。
負荷テスト
「お母さんが良かったら、ペプチドミルクを飲んでも変化が無いかどうか、テストしてみませんか。しばらく病院にいてもらう事になりますが」

そう言われたのは三週間程前。
うちは粉ミルクをわざわざそのために買う予定も無いので、ホントはどっちでも良かったんだけど、ほっぺちゃんが粉ミルクを飲んでどうなのか、リアクションも見たいしな、と思ってお願いしてみる事にしました

行くまでは付き合い気分だったんだけど(悪い患者だ)、出る直前に先輩ママに「負荷テストって血液検査より大事なんだよ!」と教わって、なんだか急に真面目に受ける気に。

とはいえほっぺちゃんのアレルギーは全然重篤ではない方で、今は脱脂粉乳が入ったパンとか、牛乳で練った、なんて書いてある赤ちゃんビスケットは食べても何ともない。
クリームシチューやヨーグルトなんかは、食べさせるとしばらくかゆがったりする程度。
だからまあ、ペプチドミルクぐらいなら多分大丈夫だと思うんだけどね。

テストは最初は1mlのミルクを飲んで15分観察。
次に2ml飲んでまた15分観察
5ml飲んで15分観察
10ml飲んで15分観察
20ml飲んで15分観察の後、40ml飲んで30分観察で終了。

全てコップだったのですが1mlのときはあたしが零してしまいwなんか量が微妙w
でもまあ、問題なく20mlの所までは快調に飲んでいたほっぺちゃんですが、40ml飲み終わった所で…

寝ました。お腹いっぱいになったのかw
つづきを表示
歩いてご入店
自転車を買ってから、休日に車で出かける機会がめっきり減りました。
自転車に乗って、ショッピングセンターへ。

今日は隣の市まで足を伸ばしておっきいジャスコへ。
自転車置き場からお店まで、20段程の階段があります

あたしと二人のときはあたしの回りにずっといるほっぺちゃんですが、父親がいるとそっちも気になる。自転車から降りるとそれぞれの自転車の間をウロウロ。
そのままの勢いでその階段を登り始めます。
上まで登ると店の入り口。振り返るといつの間にか高い所まで来たなあ。
わかってるのかなあー?いつの間にかこんな凄い事ができる様になった、って事。

そしてそのまま手をつないで、なんと歩いてご入店!
あたし一人のときは、そんなこと面倒でさせた事も無いし、あまり買い物も行かないから、初めての事です。すげえ。

歩き方はへたくそながら、ショッピングセンターの中をきょろきょろしながら歩くほっぺちゃん。
こないだまで起き上がる事もできなかった子が、こんな事ができる様になった。

すれ違う人にとっては、たぶんごく普通の事。
すれ違う誰にもわからない、こんな特別な事。

そんな特別なひとときを過ごす事ができる事は、何と幸せな事なんでしょう。
良い休日でした。
好みのオトコ 2
先日、全く好みが相容れないと報告したほっぺちゃんの好みのオトコですが。
最近のおきにいりは…小島よしおさんです…
ま、まああの耳毛の作詞家よりは年も近い…か…あたしも嫌いではないが…

それにしても、あのネタはなんであんなにも子供の心をつかむのでしょうか
外で自転車の後ろに載せられながら「かんけいねえー」と叫ぶ子供の声が、台所から聞こえます。
こんなことって前にもあったぞ…「フォーーーーー」って…あれ一年前か…

先月は近所の子供たちも、うちの前で三人並んで踊りながら「そんなのかんけいねー」を披露してくれました。2-3歳児。いやあー、人気あるなあー。と思っていたら

とうとううちにもやってきましたよ。ブームが。
小島よしおさんが出て来ると「キャッ♪」と食い入る様にテレビに釘付け。
ネタが始るとこっちを振り向き振り向き「ちょwこれ!母さんこれ!w」みたいなリアクション。
そうかあー。子供の心に訴える何かがあるのだなあー、と思っていたら

踊り出したようちの子も!

片手を「そんなの関係ねえ」でブンブン振って、「オッパッピー」で両手を万歳!
お、面白いけどバカっぽいなこれ、まあその内消えるだろう

そう思っていたら。
これがまた、じいじとばあばに大受けするので、定着してしまいました…あああ…

まあ…バカな子程かわいい訳で…バカだけど…
さんりんぼう
鼻水がちょっと出てるし、今日は用心してスイミングはお休みしよう。
天気もいいし、散歩でも行くかな。
そんな温かい一日。

ほっぺちゃん、歩かせてみると結構歩く歩く。
面白いので散歩で遠出させてみました

自分の足で歩く事が楽しいのか、休み休みではありますが結構歩くほっぺちゃん
自由って最高!自由ってステキ!
そんな感じで道の隅っこの溝まで歩いて行って…渡した板の上でちょっとすべって…と思ったらどういう訳か顔を強打…!おいおいおいおい…!

「うあーん><」
と珍しく泣くので駆け寄ると、口から血が…!

びっくりしてみると歯で口の中をちょっと切ってました。口から血って!あせるわちょっと!

そんなこんなでケチがついたのでお家に帰ってごはん食べてお昼ね。
結構ゆっくり寝たので元気が余ったのか、おうちの中でウロウロしています

あたしは階段の下で洗濯物を畳んでいたら、階段のぼりを始めたほっぺちゃん
「んあ!んあ!」(ちょっと。ここまで登ったよ!)
あーそう。すごいね。三段も。もう降りなさいよ、と言いながら、あれ?靴下が片っぽ無い。
靴下靴下…あ、あった。靴下ってすぐ無くなるんだよね。なんでだろ。

「んあー!」(ここまで登ったら降りられないから下ろして!」
ちょっとー。そんなに登っちゃダメじゃん!階段の半ばまでほっぺちゃんは上がっています
畳んだ洗濯物かごに入れたら行くからそこにいなさいよ、って思ったら

あれよあれよというまに階段の一番上へ。
階段の踊り場は自分の部屋が無いあたしの製図室。そこにはロック糸や副資材がおいてあるのです。もちろんほっぺちゃんをそこで地面に下ろした事はありません。
ほっぺちゃんは裁縫箱大好き。普段唯一開けられる糸が入った引出しから糸巻きを引っ張りだしてはしまうのが、うちでもおばあちゃんの所でも、趣味なのです
初めての宝の山を前に、ほっぺちゃん、それを二階から投げ落とし始めました…!
つづきを表示
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。