ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々お話します
最近著しく言葉が増えているので、忘れないうちに自分メモ。

あたしのことはかーちゃん、と呼ぶ様になった。
…と思ったら、父親の事も、下手をするとばあばやじいじ、ひいおばあさんの事も「かーちゃん」と呼んでいるw
彼女にとって「かーちゃん」は「保護者」と言う意味らしい。
時々まだらボケの霧が晴れて、それぞれを「たーたん」「じいじ」「ばあば」「ばあちゃん」と呼ぶ時もあるけど、とっても稀。

同じ様にうーたんのことも「ワンワン」と呼んだりする

ものの名前はものすごい勢いで覚えていて、またそれが嬉しいらしく、呼称を覚えているものに会うと、とても喜ぶ。
「ワンワン、おったぁ!」
「チュンチュン、きたあ!」
「かーちゃん、おったあ!」
って言う調子。

段々と自分の名前と、他人の名前が区別できて来たようで、今まではおともだちの名前を呼んでも「はあい!」と返事していたのが、段々引っかからなくなって来た。

「お名前は?」
と聞くと、自分の名を一文字ずつ発音しようとする(正確に発音できてないけど)
「何歳?」
と聞くと
「いしゃい!」
と答える。

通じる言葉がいくつか出ただけで、自分の言った事が全部通じる!と思い込んでいるので、一所懸命一日中、何かを伝えようと話してる

おしゃべりなのはやっぱり、大人に囲まれていたり、TVを見せ過ぎたりのせいなのかな?
最近エドはるみを見ただけで
「ぐー!!!」
って言うんだよね…
スポンサーサイト
平成ウインク
あたしの実家には、もう90に手が届こうかと言うスーパー祖母がいる。
彼女は何しろ、70過ぎて普通免許を取得、その後ゴルフを習い、公文に通い、ちょっと考えられない人なのだ。
あたしが子供だった頃は厳しい人だった祖母も年とともに丸くなり、ひ孫のほっぺちゃんの事はまさに目に入れても痛くないかわいがり様
それを見て母とあたしは「ありゃ初孫の感じだねーw」なんて話したりしてる

あたしが子供だった頃は、祖母が童謡を歌うなんて想像もつかなかったけど、今は楽しげに、ほっぺちゃんに歌って聞かせる様子が部屋から聞こえて来る

ギンギンギラギラ 夕日が沈む
ギンギンギラギラ 日が沈む

ふと覗いてみると、振り付きじゃんw
「ちょっと、見てご覧この子!」
嬉しそうに祖母が言う。何?

ギンギンギラギラ 夕日が沈む
ギンギンギラギラ 日が沈むー

…これは。
振り付けが、ほっぺちゃんと祖母で完全に一致しているではないの
WINKみたいーw(古
いやでも、それぐらい一致してるのよ。マジで。

振り付けはもちろん祖母オリジナル
二人で同時に手をフリフリ
万歳してくるっと回って手をフリフリ

南向きの窓からそそぐ日差しの中
1歳と89歳のWINKは飽きもせず、平成WINKのステージはずっとずっと続く。

ギンギンギラギラ 夕日が沈む
ギンギンギラギラ 日が沈むー
お砂場デビュー!
いいお天気です。

以前から、自分で歩いてたどり着くまでは公園には連れて行かない、ということは決めてあったのですが、ここのところ、たどり着く様になってしまいました。
そんなわけで、午前中は公園に行ったりすることもあります。

ほっぺちゃんは滑り台が大好き
ほっとくと自分で登って行っちゃうので、しかたなくあたしも一緒に
放っとくと自分で滑り降りちゃって後頭部を強打しそうなのであたしも一緒に
しかたなく滑り台を滑ってます。かわいそう。滑り台。

あとボールも大好き。
赤の他人のボールを欲しがって号泣したりもする。凄く恥ずかしい。

恥ずかしいので、毎回違った公園に行って、気のあうお友達がいたら一緒に遊んでもらったり、そうでなかったらあたしと二人で遊びます

決まった公園に行くと人間関係とか煩わしい事もついて来そうで嫌だったり…
こどものためには決まった公園で、決まったお友達を作った方が良いのでしょうか?その方が良いのかもなあ…

まあそれはそれとして。
今日は少しお姉ちゃんのおともだちがほっぺちゃんに話しかけてくれて、ほっぺちゃんもそのお姉ちゃんが気に入ったらしく、初めて彼女のいる砂場に入って行きました

img784.jpg
なにやってんの

しかしまだ砂場をほったりするクリエイティビティは無いみたい。
今日話しかけてくれたお姉ちゃんのママに聞くと、ちゃんと遊び始めたのは2歳過ぎたぐらいからだとか。ふむふむ。
何組か砂場で遊んでる親子がいるんだけど、皆、スコップと、型と、何故か電車を持っているなあ。
そしてそれぞれに名前を書いてある。これは正式デビューに向けて参考にしないとな!

それにしてもあたしは日焼け止めを塗ってたからと思って、帽子忘れたまんま出て来ちゃったけど、案の定頭皮と口の周りがヒリヒリします…
バカにできませんね、この時期の紫外線。ああ痛い。
しかも帰ってからなぜか腰が痛い気がする…ああババ臭い。やだやだ。
閻魔様がやって来る!
気がつくとまたこんなに日が経っていました…
その後もイマイチ体調がスッキリしない日々が続いたり、その後ものづくりの神様が降りて来たりしてました。

今日は朝からとても忙しい日で、親子二人と言えどもほっぺちゃんに費やす時間が無く、バタバタとはしていたものの、ほっぺちゃんがテーブルの上から、こないだお店で貰ったラムネ(白い錠剤の方のラムネね。飲み物じゃなく)をくすねていじっていたのは横目で見ていたんです。
でもまあ、取り上げてモメると時間かかっちゃうしなあ。ってことで、そのまま見ていたら、あら、勝手に開けて食べてるじゃないの。おやつの時間じゃないのになー><

と思ったのが朝の9時頃

次にその場所に白いカピカピが点々とあったのを見つけたのが夕方5時過ぎ
ほっぺちゃんめ、ラムネのヨダレを垂らしたな…!
まあ今日はあたしもほっといたし、しょうがないな。

そして今日は遅めの晩ご飯、夜の7時
「ほっぺちゃん、今日母さんに黙ってラムネ食べたでしょ?」
と聞くと、伏し目がちに首を横にフルフル

…嘘つく気か

「食べたよね?ラムネ?」
もう一度首をフルフル…とした後、上目遣いにこっちをみてニヤリ

しばらーく時間をおいて、7:30
「今日ラムネ食べた?」と聞くと、
満面の笑みで「ウン!!!」

そんなわけで、今日は、ほっぺちゃんが初めて嘘をついた、そんな記念日でした
全くの赤っ恥と、今日の収穫…その2
さて、続きね。

チャイルドシートに載せた瞬間、変な気はしたのよ。
それまでガンガン泣いてたのに、なんか独り言とか言いだしたの。
車で小児科についたは良いけど、駐車場は満員で小児科周辺にも駐車の山
ちょっと奥のタイムズに停めて、大慌てでダッシュ
病院に入ったら…激混み!
何この人混みは…全然座れない。今こんなに皆病気なの!?
しかも気付いたら靴はかせて来るのも忘れちゃって、抱っこで受付へ

「さっき電話したチコラタです!」
「あ、わかりました。診察券いりませんから保険証お願いします」
「はい!…あ、あれ?ぼぼ母子手帳ならあるんですけど」
「…」
ごめんなさいごめんなさい動転してたんだもの><

そんなこんなで看護士のお姉さんに呼ばれる
「肩ですね」
「はい、いつもは全然泣かない子なのに凄く泣いてそれで」
ここの看護士さんはいつも若いのにクールでやさしい
あたしの言う事を冷静に、でもやさしく聞いてくれる
「大丈夫ですよ。ちょっと見てみましょうね、ほっぺちゃ-ん、パンパンとってー」
と差し出されたパンのおもちゃに

普通に手を伸ばすほっぺちゃん…てめえ…

「あああの、こ、混んでるしあたし帰ります、あの」
「大丈夫ですよw一応見て帰りましょうねw」←既に笑ってる看護士さん

待ち合いの席が空いたからとりあえず座る
隣の愛想のいい赤ちゃんがニコニコ寄って来てくれるからママさんに何の病気ですか、って聞いたら
「嘔吐下痢でー」
うっ、正直怖い…
でもそのママさんすっごい美人でお化粧バッチリだったの!
うつらなかったんですか、って聞いたら
「いいえー、パパが貰って来て、この子、あたしで最悪ですー」って!
嘔吐下痢でも綺麗な人は綺麗なのねえ。

閑話休題。
それから何度も、帰ります、と訴えるあたしを尻目にほっぺちゃんは診察へ…
いつもクールなキレ者先生の前に座るだけでも針のむしろだったのに

この嘔吐下痢満載の中目新しいもんだから県立から来てる若い研修医も見に来た中
「なんともないですねー」
って言われて…帰って来ましたとも…(涙
だから帰るって言ったのにーーーー!

もうなんか、悲しくなっちゃった><
何であんなに泣いたんだろ。この子。
とぼとぼとタイムズへ。
駐車場代も無駄だし…と思ったら、高架下の集会室に何だかかわいい飾り付け?
近寄って見てみると「子育てひろば」って書いてある。へえー!
覗いていたら中から保育者らしき人が出て来てくれて、あれ、これあたしも着た事あるエプロン…!

なんと、あたしの子育て支援のお師匠様がしてる子育てひろばだったの!
久々にお師匠様に会って、近況を聞いてもらって、考えてる事、迷っている事を聞いてもらううちに、なんか心も晴れてきた。
参加してる人の中に、子供の方が抜けちゃった、って人もいて
「そういう時は接骨院よ!」
って言われて目から鱗。

そしてお師匠様が言ったんですよ
「あーそれは、うまれて初めてそんな所が痛かったからびっくりしたんじゃないのw」

そうかあ。そうだったのか。
あたしそんな事も気付かなかったんだなあ…余裕がないってダメだなあ。
そこの子育てひろばに来月行かせてもらう約束をして、失礼する事に

「あれ?チコラタさん、なんか忘れ物してるよ。問診票?」
そうそう。おたふく風邪と水疱瘡の予防接種の問診票貰って来たの。
だって何の収穫もなく医者に行ったなんて悔しすぎるもん!
どうしようかなあ。予防接種。

でも、それ以上の収穫があったわ。
ありがとうお師匠様。ありがとう神様。

また今日から頑張るぞ。
ホント人間、健康が一番、だよね。
全くの赤っ恥と、今日の収穫…
言いたくないんですけど、悔しいんですけど。
インフルエンザだったらしいんです。あたし。

…待って、最後まで聞いて。
B型だから。
予防接種の方とは関係ないB型だもん!
予防接種関係ないんだもん…!!!
…はあ。

その話は後に(この空白の日々の中のどこかに)書くとして

やっと治りまして。最後お医者に行ってきたんですよ。
「先生、このマスクいつまで…」
「もう良いんじゃないっすか!?」(←原文のまま)
って言われて、ウキウキで色々用事を済ませて家に帰って、そのままうちに入らずに洗濯を干して

…る間にほっぺちゃんがウン気がつきましてね
「ちょっと!トイレ行きたいんだけど!!」って言い出しました。

いや待って、病み上がりでトイレ掃除してないし…
そのままおむつでしてよ。
そう思って放っときました。

そんな目に遭わされるのは初めてのほっぺちゃん
何で!?母さん日頃必死なのに(いやそれ言い過ぎ)何で!?
と思ったでしょうか、まあその時には全然そんな事気付きませんでしたけど。

何か妙な空気の中、洗濯を干し終わり、うちに入り。
先に上がってもほっぺちゃんは何かぐずぐず言っております

今思えば、ここでもっといつもの冷静さを持つべきだった。
あたしも病み上がりで子供に向き合う気持ちが少なかった。
めんどくさい、って思いながら、両方の二の腕を持って
無理矢理ほっぺちゃんを抱き上げたその瞬間

ぐぎ、って変な音がした。ほっぺちゃんの左肩から。

火がついた様に泣き出すほっぺちゃん
それでもまだおむつの中のウンチが気になるあたし。
無理矢理脱がせておむつを替えて
服を着せてもまだほっぺちゃんは泣いている。

普段こんなに泣く子じゃないのに

不安になって肩を触ると、ますます泣く
手をあげようとしても動かない
何で!?赤ちゃんって抜けるの肘なんじゃないの!?
肩はほとんど抜けないって聞いてたのに。
もしかして、肩抜けた…?

脳裏をよぎるのは良く肩が抜けていた弟の泣き顔
どうしよう、どうしたらいいの?
これは小児科?外科?
でも外科だったら有無を言わさずレントゲンだ。レントゲン怖い。(←素人判断…)

すっかり動転して予防接種専門にかかっている小児科へ電話
「肩が抜けてるってどうやったらわかるんですか?かかるのは小児科?外科ですか?」
と聞くと、うちで見ますからとりあえず来て下さい、との返事
まだ泣いているほっぺちゃんを車に放り込み、そのままダッシュで病院へ…

あれ、長くなったな。
続きは、明日の日記へ…
オンナねずみ小僧、みたびあらわる!
おっさん歩きの一歳がやってくる

両手を上げて、ゆらゆらとゆれながら
大きな声で唸りながら
「かぁーじぃー」

最近のオンナねずみ小僧は鍵が大好き
「かじ!かじ!」
と催促してあたしから家の鍵を取り上げると、あらゆるネジ山に鍵を差し込む危険な遊びに熱中だ!

やめてー!ネジ山が潰れるー!鍵が減るー!

お下がりのおもちゃで鍵遊びができるのがあって、そのおかげか差し込んでまわすのが最近得意なの。
そのおもちゃは八角柱になっていて、その八面すべてに鍵がついているんだけど、次から次へと鍵を差し込んで、開ける。差し込んで、開ける!

しかし、鍵を開けたからと言って、扉が開く、ということはあまりわかっていないらしく、その辺が見ていて非常に歯がゆいのであった…

まだまだだなあ。一歳。
でもなんか、ねずみ小僧度がまた上がった気がしてちょっと嬉しいの。さすがオモシロ乳児

そういや、乳児も後二ヶ月だなー。寂しいなー。
ヨーグルトを、食す!
ほっぺちゃんは乳製品アレルギー
でも最近は、前は月に一度だった経過観察も二ヶ月に一度になり、多少の事なら大丈夫になって来た

…と思ってたら、よくよく見たら、片方の肘の内側が、なんか虫さされみたいに赤いよずっと
ありゃー。こりゃあたしのヤクルト一口くすねるからかなー
やっぱりアトピーはあるのかー><

…と言う事がちょっと最近気になっていたりする。

しかし、世の中は乳製品に溢れてる
乳製品を摂らなくても、今の日本で栄養が足りないなんてことはあり得ないし、困らないけど、嫌いになっちゃうと何かと不自由な気がするんだよなー

というわけで、時々食べさせたりもする様に心がけている

今日はあたしが子供の頃好きだったチチヤスヨーグルト
最近のはチー坊のパッケージも超かわいい♪

「ピーボ!ピーボ!」
ほんとだね、チー坊かわいいね。チー坊だけどね。

こないだ三口ぐらいは大丈夫だったから…と思いきや、バクバク(←濁点ね。半濁点じゃなくて)食べるではないか

ちょちょちょ、ほっぺちゃん!かゆくなるかゆくなる!
それ全部食べるんかーい、というと、例によって「かーい♪」と髭男爵w

まあいいや。半分ぐらい。死にゃしないわ。

と思って食べさせたら、肘の裏のぽつりがでかくなって、いつの間にかかきむしってましたとさ><
ほっぺもちょっとざらっとしたし、やっぱりアレルギーなんだなー…

ちょっとしょんぼりする気持ちは、否めません。
まあまた食べさせるけどねw好きみたいだしヨーグルト。

img754.jpg
ぶちうめえ

え?今日はひな祭り?
まだわかんないからいーのいーの。
こんな親の代りにばあばがお寿司を作ってくれましたとさ!アハハ!
ルネッサーンス♪
小島よしお、にしおかすみこ、藤崎マーケットと1歳はキャッチーな笑いに弱いお笑い遍歴だ。
小島よしおに至っては、ほっぺちゃん自作のサインがあり、テレビで彼が出ているのを見ると片手を振って、関係ねえ、関係ねえ、と訴えていたりした。そうだね、よしお出てるねほっぺちゃん。

でも最近は関係ねえやらなくなったしねえ。
それを見ているほっぺちゃんはちょっと寂しそう。

そんなこんなでそろそろ新しいお笑いを求めたのであろうか。
最近は「かーい♪」と言いながら超笑顔で片手を上げる様になってしまった。
…髭男爵だねそれ。わかるわかる。

思えばあたしが髭男爵を最近気に入ったもんで、ほっぺちゃんがおかしな事をする度に、グラスを掲げて「●◎やないかーい♪」と突っ込んでいたのが元凶であろう。
いや、それ以外考えられないな…失敗したかな…

あんまり浮かれた親も考えもの。
一周年なのですー
今日は三月一日だ。

ちょうど一年前の今日、「ほっぺちゃんといっしょ」は始まった
あの頃はあの頃で、自分がどっちに進んだら良いのか迷っていたなあー

あれから一年。
ここで色んな事を考えたり、色んな人に出会ったり。
なんとなく、こっちで良かったのかな、と言う気がするよ。うん。

昔の記事を見ると、一年前の事なのに、もうすっかり忘れてる。
そこここに残るほっぺちゃんの写真はおかしくも愛おしく。

一年ブログ書いて良かったなあー

ほっぺちゃんの事を思うと、色々考える所もありますが、とりあえず、今は。
これからも、宜しくお願いします♪
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。