ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらば乳児
ちょっと前の事なのですが、一歳半を無事越えました。
一歳半だってよー。幼児じゃん。
最近はTVに合わせて踊ったり、冗談も言う様になったり、何かすっかり子どもです
母さん嬉し寂しいワア。

今日もいつもの支援センターCに行ってたんだけど、最近はロディーを二つ並べてまたがったりとかしますw
まだおすわりもおぼつかない頃に無理クリふぅくんとロディーに乗せたあの頃が嘘のようだ…

なんかでも、ちょっと寂しいなあ。
うちから乳児がいなくなったなんて。
つづきを表示
スポンサーサイト
ダッコちゃん
スイミングなんですけどね!

初めてスイミングの体験に行ったのは夏で。
もうとっくに笑顔でクロールしていても良いぐらいさんざん通っているにも関わらず…ほっぺちゃんはスイミングがお気に召さないらしいw

効果はあったのよ。
お風呂でお湯かぶっても平気になったし
一歳過ぎに湯船で転んで溺れた時も、なんかうろたえるでもなく「ああまたかー」みたいな感じだったし
水慣れしてて水自体は怖くないみたい。

ただ

プールに入ると1mmたりともあたしから離れたくない、らしい…

おかげで、皆が両脇を抱えられている時も、仰向けになっているときも
はたまたプールサイドに上がっている時でさえ、
ほっぺちゃんはあたしの体側にへばりついているw
皆がお腹を支えられた状態で伏し浮きして
「はい、足をバタバター」
なんてやってるときも、ほっぺちゃんはすっかりダッコちゃん
これじゃ意味無いじゃん…と思いきや。

蝉の様にあたしにしがみついた状態で、なぜか足をバタバタさせているのであった。
うーん律儀な奴めw

まあしょうがないんだよね。風邪を引いたり、あたしの仕事があったり、間があいちゃうとまた一からだからさ。

こんな様子なのに、準備体操は毎回楽しそうなのもなんか笑ってしまう。
わかっているのだか、いないのだかw



自主保育
ここしばらく、子の社会性について考えるのがマイブームだったあたしなんだけど、そう言う事を考える上で、世の中には幼稚園や保育所に通わせずに自分で子供を見る、という選択肢を選ぶひともいる、ということを初めて意識した。そういうのを自主保育、って言うらしい。

こないだも書いたけど、あたしも実際子供を産むまでは、いや、子が一歳を超えるぐらいまでは、こどもとべったり過ごせる時期なんて短いんだから、幼稚園は一年で十分、なんて考えていたクチで、その考えから言うと、十分に興味深い話だったりするのよ。うん。
今は、ちょっと考えが変わりつつあるんだけどね。

家で見るから、と言って、それが集団生活をさせない、って言う事ではないらしい。
自主保育サークル、園庭解放、などなど、色んなものを利用したりもして、一言で自主保育って言っても色んな選択肢があるみたい。まあまだ色々見てる最中だから、良くわかってはいないのだけど。

何しろ以前の様に、調べたい、と言ってまとまった時間も無いから、なかなか調べものもすすまないのよね…まあ、子をほったらかして子の事を調べるのも本末転倒だから、仕方ないけどさ。

で、最近ちょこちょこ検索してる中、ちょっと気になっているのが「全国友の会」
「おさなごを発見せよ」が最初の育児書だったあたしとしては、友の会はちょっと気になる存在だ。
っていうか、今でも実際にあると思ってなかった(ごめんなさい友の会)

でもなんか、真面目な会っぽいし、あたし読むだけで全然なんにもしてないから、すっげえ敷居が高く感じてたりするんだけどw
中でも幼児生活団、ってとこが気になってて…どうなんだろ?
週一回集まってなんか色んな事をしてるみたい。気になる気になる。
まあ、実際ほっぺちゃんに関わって来るのはずっと先の事なんだけどね。
先の事を妄想するのが楽しいんだよねw

後もう一つキッズパークってとこも気になるなあ
あおぞら館の事は噂に聞いてたけど、キッズパークのHP見ると、なんか良い感じそうな所だ。

「みやっこキッズパークは、“自己責任で自由に遊ぶ”が原則です。子どもたちが思い切り五感を活かし、自由に遊びながら社会性・活動性・創造性を培い、仲間づくりができるひろばです。」

このふれこみも何か良い感じ。

さて、話は自主保育に戻る。
少なくとも小学校には行かせないで家で勉強を見る、っていうのは一つの考えだけどあたしはちょっと極端かな、って思う。(あくまで私見ね、私見)
もちろんそれで、個性も伸びて、子の内面は充実するかも!とも思うんだけど、今の世の中個性的だと生きにくいなーなんてあたしは感じていて、小学校は少なくとも普通に行かせた方がいいと思うんだよね。

幼稚園はどうだろう?
今の時点では、やっぱり最低一年は行かせたいなあー。
結局人間、自分のしてもらった事は一番いいと思ってるし、同じ様にしたいって普通に思っちゃうよね。
まあ、子が大きくなって来たら、その子に寄っては早く行かせてやろう、って思うかも知れないし、一年で良いやって思うかも知れないし、意外とあたしを超えたヘンクツで、幼稚園に向かなかったりしてなw

まあとりとめも無い話ですが、季節は春。周りは入学入園ととても賑やか。
そんな季節に乗って、こんな感じで妄想を楽しんでいますw
ひとあんしん
久しぶりに支援センターCへ

ここの所、予約は取ってたんだけど体調が悪かったり予定が合わなかったりで、全然行けてなかったんだけど、ほっぺちゃんはちゃんと先生を覚えてたみたい。
大好きなI先生に会えてのっけからご機嫌♪

ホールに入ると気合い一発
「うおあああああ♪」うっしゃあ、遊んだるでえええ!ってことらしい。
正直恥ずかしい。

でもここの所実は、ほっぺちゃんにはちょっと気になってる傾向があって、こないだ二歳ぐらいのストーカーwに30分程追われてから、また子供嫌いになってしまっていたの。
最近やっと、よその子を見てニコニコする様になったのに><何してくれてるんだよストーカーめ。

今日もやっぱり、すこし月齢が上のおともだちが寄って来てくれても、あからさまに避けてあたしの所に戻って来る
おもちゃをとられる!っていう不安があるみたい…
前から、気に入らない事があると回れ右してあたしの所にやって来て、「イヤッ!イヤッ!」と罵りながらあたしをぶつんだけど、きょうもそれ><おかあさんかわいそう。

で、I先生に相談してみると
「まだ一歳五ヶ月でしょう?普通よー」
と言う返事。そうか。そうだよな。あたしがヘンクツなせいじゃ無いよな…

で、二時間程思いっきり遊ぶ。
天気が悪い日は、やっぱり支援センターとかありがたいよね。公園行けないしさ。
遊び方や、気に入ったおもちゃは、数ヶ月前と変わらないなあ。

とはいえ遊びの時間の最後はいつも、手遊びと絵本なんだけど、いつの間にか成長しているらしく、両方とも途中で集中が切れずに一緒にできる様になっていて、知らない間に色々わかる様になってるんだなあーなんて思ったりした。

いつもならそのままうちに帰るんだけど、今日は気が向いて近所のスーパーへ。
最近のスーパーって子供を遊ばせるスペースがあったりする。
今日は3-4歳ぐらいの子たちが集団になって遊んでいた

ここで昨日までのほっぺちゃんなら、遠巻きに眺めるか、そのまま素通り。最悪の場合は「イヤッ」と言って通り過ぎるはずなんだけど

今日は何故か自分から寄って行く。へえ。
いきたいんなら行ってみれば?
で、見ていると、

自分から、楽しそうに飛び跳ねているお姉ちゃんたちの側にいって、同じ様に飛び跳ね(る真似をし)始めたじゃないのー!

今までは子供と遊べないんじゃないか、もっと遊ばせ方を変えるべきなのか、って考えていたけど…大丈夫なんだ!
I先生や周りの人たちが言う通り、ほっぺちゃんには何の問題もなくて、自分の中で、「大丈夫そうかな?」って思った時は、自分からおともだちと遊んだり、できるんだ!

今日は他にも出会いがあったり、探し物を見つけたり、良い事が一杯あったけど
あたし的にはこれが一番嬉しい事だったり。

良い一日でした。

そうそう、帰ってからも、今までは複雑すぎて興味を示さなかった「おでかけのまえに」を何回も読んでくれってせがんだり、やっぱり月齢の近いおともだちの中に放り込むと、一緒に何か、って訳でもないのにぐっとなにかが伸びる気がする。
大人と遊ぶのも楽しそうだけど、こどもってそうやって成長するんだね。
食べてばっかりかよ!
最近おきにいりの遊びに「おかいものごっこ」がある

カゴに何か入れて寄って来るので、
「いらっしゃいませ」
「ピッ トマト100円」
「ピッ ソーセージ400円」
…とレジを通してやる、シンプルだけどめんど…いやいや、楽しい遊び。

こないだ一人でブツブツ言っているので聞いてみると
「ピッ ごはん」「ピッ ごはん」
とひたすらご飯を買い続けていた。何か怖かった。

食事中も、おかずを続けて食べさせると
「ごはん」
とコメを催促される。糖質は太るのに…

そしてついさっき、あたしの「今日の料理ビギナーズ」を勝手に開いて眺めながら
「…ごはん」
ってつぶやいていた…

うちの子大丈夫なのかな…って思うのはこんなとき。
赤ちゃんだからかわいいんだぞ。
肥満児はダメだぞ、ほっぺちゃんよ。
お菓子日和
今日は紫外線も眩しいお花見日和でしたねー
ほっぺちゃんもお花見に出かけるべくお弁当作って自転車でGO!

目的地は近所の線路沿いの桜並木。
行ってみると意外と人が少ない。
一駅分の長い長い桜並木を一人占め!写真撮らなきゃー…って思った。のに。

カメラ忘れたよ…なんでだぜ…

仕方が無いのでほっぺちゃんが疲れるまで線路沿いを歩いた後、またひたすらにサイクリング。
悔しさのせいか勢いがついてしまって隣の市のショッピングセンターまで行ってしまった。

行ってしまったけどお弁当あるしな…ショッピングセンターに行くのは悔しいな…
そこで、公園を探すべく引き返した所、道沿いに「さくらまつり」ののぼりが立っている場所を発見。
東レの工場?支社?わからないんだけど、社内の桜並木の下にレジャーシートがしいてあるみたい。
おお!ちょうどいいよ!ここでランチだ!と自然に潜入。

入り口で自転車を降りると、係の社員さんが自転車を片付けてくれ、ほっぺちゃんが入り口でなんか一杯抽選券とかおかしとか飲み物を貰う。ええ?これくれるの?
なんと屋台の食べ物もタダ!なんて気前が良い会社なんだー!
地域への利益還元に地域住民でもないのにあずかってしまうチコラタ親子って一体。

ほっぺちゃんも「もらった!」ということが何となくわかってて嬉しいらしく、真剣な顔で荷物を運ぶ。
桜の木の下に座って、ほっぺちゃんとお弁当。
ハラハラとちる花びら、通りがかる人が「おりこうねえ」だの何だのと話しかけてくれる
いいねえー。「子供連れ」って気分になるなー。

鏡開きとかもしてましたが、さすがにチャリだったので飲酒は自粛、お弁当を食べて大人しく失礼しよう…と思ったら。
出口で粗品とかいってタオルまで貰っちゃったよ。えへへ。

いやあ良い所を見つけて、運がよかったなあー、と思いながら帰って行くとまた同じ様に自転車が吸い込まれて行く場所があるではないの。今度は何だ!?

入り口で風船(飛んで行く奴ね)を配っているのに魅了され、花見のハシゴ。
またほっぺちゃんが呼ばれて、お菓子を貰う。
係の人の背中に「ヤンマー」って書いてあるからにはヤンマーのお花見だったんだな。きっと。
そこは消防車のちいさいのとかもあって、乗ってコスプレして写真も撮れる様になって…たんだけど、カメラ忘れたんだけどね…ああ悔しい。
桜も、そこはソメイヨシノだけじゃなく、枝垂れ桜とかもあって素敵でした。ああなんでカメラ忘れたのかなあ><

それにしても今日はお菓子たくさん貰った…
今日貰ったもののリスト

ビール
カルピスウオーター
おはぎ
三色団子
ふたごっちおたふくソース味
キティの棒付きキャンディー
ベビーかき餅コーンポタージュ味
カラッパたこ焼き味
一口ゼリー
DARSミルク
バタピー
ソースカツ
さきいか
チョコスピン
おっとっとお好みソース味
森永チョコチップクッキー
森永チョコボール帰って来たミルク

…すごい。すごすぎる。
来年も忘れずにでかけよう。

渡辺美里じゃないけれど、桜の花の咲く頃に思い出さないといけない事が、また一つ増えた一日でした。カメラ忘れたけどね!
寂しくなんて、ないんだもん
あたしが最後に流産したのは、確か桜の花の咲く頃で
慰めにとドライブに連れ出された車の中で、ああこんな時期にこんな事になって、これから毎年桜を見たら、悲しくて悲しくてやりきれないんだと思った事を覚えている

けれど神様はいて、ほっぺちゃんがやってきて
ずっとひとりぼっち(いや実際はそんな事は無いんだけど!)だったのが二人になり
時々ふと寂しくなっていた時間が、追われる日々の忙しさで埋まり、
うまれて来られなかったあたしの子供たちの事を忘れた訳ではないのだけれど、心のどこかであの日々を懐かしさすら感じながらお花見なんてできる様になったりして。
毎日は寂しいどころじゃなくなって

…と思いきや!!!

やって来たのが「ママ友」という最近流行の問題だ!うえー、めんどくせー!

元々そう友達に囲まれて!っていうタイプではないあたし。
オンナノコならみんな持ってる(様にあたしには見えるw)「専用のおともだち」もいない人生を送って来た以上、子供を産んだからと言って、何が変わる訳でもなく…

ご近所のママさんたちはとっても仲良しで、それをみていると、やっぱりあたしって寂しいのかな?って言う気持ちになって来る。
楽しそうに集まったりしてるのに、でもそこに入って行く方法もわからず
人間関係を面倒がって公園を渡り歩いている以上、いつも子供を遊ばせる、専用のおともだち、というのもまだできない…

ご近所ママさんや、色んな所で出会うママさんたちの様子を見ていると、専用のおともだちって、こどもにとってはいた方がいいのかなあと、最近思ったり、するのよね。
ほっぺちゃんは従兄弟も遠くに住んでいるし、なにしろ大人に囲まれてすくすくとそだっているのだ。
これってこどもにとって、どうなんだろう?すくすく育ってはいるんだけどねw

しかもほっぺちゃんの母はヘンクツだ。
「母親が人間関係が苦手だと、子供もそうなりがち」
なんて書いてあるのを見ると、ドキっとする。
でも、30年以上もわからなかった専用のおともだちの作り方なんて、今更わかんないよー
ほっぺちゃんもやっぱり、あたしのようになってしまうのかなあ。
街角で、喫茶店で、楽しそうに集まって、うわさ話を繰り広げている楽しそうなオンナノコたちを見ていると、将来のほっぺちゃんがかわいそうな気がするんだよねえ。
あたしほら、何でも先の事ばかり考えてしまうタイプだからさ。

わかってる。わかってるのよ。
こんな事で悩むのは、他に悩みが無いからよ!この、脳内お花畑!

わかってるんだけどさあー。

子供を育てるって、自分のコンプレックスが凄く浮き彫りになるよね。
最近凄くそう思うの。
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。