ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく物欲の世界…
正直、ほっぺちゃんの洋服は赤ちゃんの頃から90とか買ってるし
ある程度大きくなっちゃうと、新しく買う、って言ってもそんな必要なものも無いし
まあ、あってもおもちゃぐらい?

一応今までの経緯もあるので、あまり考えない様にはしているのであるが。
正直二人目が生まれるかも知れない、というのは、お買い物マニアのあたしとしては、見逃せないお買い物チャンスだったり…する…

無事生まれたら買いたいなあと思っているのは、へこリング。
ちょっとかわいい感じのおんぶ紐なの。(なの、って説明するまでもなく結構有名だが)
ほっぺちゃんの時に使っていたおんぶ紐はすでに実家専用品になってるし、おんぶひもはもう一本いるんだよね。
ほんとはおんぶりんが第一候補だったのだけど、おんぶできるの夏頃からになるしもっと涼しそうな奴がいいなーって思ったら、これに決定。

で、今激欲しいのが
cabooseのultralight

まあバギーボードつきのベビカなんだけど、これは上の子も座れるのだー
いいなあこれ、欲しいなあ。
自立しないのとでかすぎるのが難点だけど、まあ車に乗っけて使うだけなら便利そうだ。
前々から、バギーボードの上に立てるんだったら歩けるじゃん、って思ってたのよね。

まあでも、現実問題、使うって言っても、生後半年は今あるDokids5が便利だし、一年以上先の事になるけどね…
おまけに、ほっぺちゃんの時は、「ベビーカーなんて乗せたら発育に悪い!」なーんて思って、歩ける様になってからはほとんど使ってないからな…ベビーカー…
おかげでほっぺちゃんもよく歩く子になってくれたし、ベビーカーなんて無くても…使うのかよ…って気もするけどさ…
でもほら、下の子がベビカに乗ってたら、ほっぺちゃんも乗りたがるかも知れないしさ!ねえ!


それにほら、珍しい奴の方が、使い終わってからもヤフオクとかで売れそうじゃ無い?だめ?


スポンサーサイト
こんな暗いニュースばかりの世の中じゃ…!
家族全員風邪が治りません

こないだの土曜日に、産婦人科では診察も無しで
「咳ぐらい薬を飲まずに治して下さい」
って言われたんだけど、たまりかねて昨日30年以上生きてて生まれて初めて耳鼻科に行ってみてもらったら、
「気管支に炎症がありますねえ…でも最低限の薬しか出せません」
って言われちゃったんですよ。

心も体も健康だけが取り柄のあたしがなんでたまりかねたかって言うと、ほっぺちゃんが、咳が辛くて夜眠れないらしく、そうなると当然あたしも夜眠れないのです
眠れないまま酷い咳をするあたしとほっぺちゃん

ほっぺちゃんはいつも病気になった時の通りいっぱいおっぱいがほしい
   ↓
今まではご飯がたべられなくっても、おっぱいがあれば平気だったあたしたち二人.
   ↓
でも今やおっぱいは出ない
   ↓
出ないからおっぱいに固執
   ↓
一方あたしは咳をするとお腹が張る
   ↓
お腹が張ったらさすがに不安に
   ↓
ほっぺちゃんおかまい無しにおっぱいに固執

この堂々巡りで眠れない夜を過ごすのがたまらなく辛くなったのですよ
まあ、人間うまくできてるもんで、なんだかんだで隙間で睡眠は取っているのであろうが
それでも風邪が治るまでには取れてない訳だね.

でも結局お薬飲まなかったけど…
産婦人科には電話で確認して、看護士さんから飲んでも大丈夫ですよ、って言われたのよ。
ただ、耳鼻科のあとに小児科に行って色々聞いてたら、やっぱり産婦人科で言われた通り、飲まないに越した事無いなあって思ってさ。

抗生物質にはA-Dの4ランクがあって、これは大丈夫、安全、がA。これはいつ投与してもダメ。がDランクなんだって。
で、ほとんどがBランクなのらしい。
今まで、どうしようもなくて投与して、それなりの件数があって、奇形や先天的な病気が出ていない、っていうこと。
でもこればっかりは人間で試験する、っていうことはできないからねえ

改めてそう聞くと、そうだよなあと思う。
多分まだ頑張れるから、お薬はお守りにしよう
院長先生と直で話してたらまた違ったかなーっていうのもあるけどねえ。
まあ、悪い結論ではないと思う。今の所はね。


しかしだ。
とにかく体調が悪いので、気持ちが上がらない。
何だかどんよりムードで過ごしていた夕方

後ろから、ほっぺちゃんの声が
「どんどんどん、ジャンプ!」
「どんどんどん、ジャンプ!」

振り返ったら、ほっぺちゃんが!
両足で飛んでいるではないのー!

ずうっとね、気持ちばっかりジャンプして、両足揃えてジャンプ、できなかったのよ
もちろん相変わらず教えても無いけれどもw

やったねえ。とうとうできたねえ。
本人も嬉しいらしく、うふふ、って言いながら何回も飛んでいる

どんどんどん、ジャンプ
どんどんどん、ジャンプ

人間って、ほんと誰にも教わらずに、勝手に大きくなっていくなあ。
ほっぺちゃんをみてるとそう思う。

どんどんどん、ジャンプ
どんどんどん、ジャンプ

がんばれそうな、良くなりそうな
そんな気分がする夕暮れ。
hibのはなし
明日は朝からあたしの検診で、しかも地域の子供会の廃品回収とゴミが重なる日で
忙しいんだよなあ、と思っていたその夜、ほっぺちゃんの咳がなんか違う。
と言う訳で、検診の前に小児科に行くハメに

土曜の朝一は意外と空いていて、最近行く度に聞けなかったhibワクチンの話を聞く事ができた

テレビのニュースや色んな所で、ほっぺちゃんが生まれた頃からちょこちょこ取り上げられているのを見て、気にはなっていたんだけど、こどもの細菌性髄膜炎の主な原因とされるインフルエンザ菌b型のワクチンが認可されたのはたしか去年の1月?(違ってたらゴメン)
外国では当たり前、とはいえ、みくしではワクチンの治験への参加を持ちかけられた、なんて人もいて、苦労して生んだ赤ちゃんを治験に参加させるのも勇気が要るよなあ、とか思っていたんだけど。

兵庫県ではやっとこの12月に接種が始まるらしい。
ただ、まだとてもじゃないけど行き渡る量ではなく、うちのかかりつけ病院には来ないだろうとの事。4月頃には接種が可能になるのでは無いか、と言う話。うちの二人目にはちょうど良いんじゃないのー、とか先生は気楽に言っていたw

ただ、一本が6000円ぐらいになるらしいよ…><
県の医師会では、「おじいちゃんおばあちゃん、出産祝いは洋服じゃなくてhibワクチンにしましょう」というキャンペーンを打つそうなwなんだそりゃw

5歳ぐらいまでは打っといた方が良いとかで、ほっぺちゃんも打つ事になるんじゃないかなー。2歳過ぎたぐらいだと、一回接種で良いんだって。0歳は2-3回…全部で4本として24000円!たた高い!
しかも予防接種って必ず賛否両論あるじゃんね…それを思うとなあ。

でも、髄膜炎の話とか聞いてたらやっぱり接種した方が良いのかなあとか思う。
たぶん、うちは打つんじゃないかな。わかんないけど。


肝心のほっぺちゃんの風邪だけど、午前中はそうでもなかったけど、夕方からはお約束通り、ちょっと辛そう。お医者行っといて良かった…

ただの流行ってる風邪
わかってはいても、やっぱり家族の苦しむ姿はほんとしょんぼり><
しかもあたしもここ一ヶ月以上風邪治ってないしさ…ほっぺちゃんはこじらせてあたしみたいにならないといいんだけどなあ…


どーんとしている様に見られるあたしだけれども
(しかもそう見られたいと変な見栄を張るせいだけど)
実際の所はそうでもないのよ。
今夜は心細い夜になりそうだなあ…
こどもはかわいい
近所の保育所で人形劇があるとかででかけた。

いろいろあってちょっと遅刻してしまい、はいった時には既に始まっていたのだけれど、一本目の題材はなんと吸血鬼w保育所なのにw

案の定、前で見ている小さい子たちは泣き出したりする子もいてwなんでこの題材にしたのだろう?と素朴に疑問に思ったりw

最近縁があってこの公立保育園に来る様になったんだけど、来てみると、今まで持っていた保育所のイメージは間違っていたんだなあと言う事に気付かされる。

公立だし、みんな質実剛健なのかなーとか思ってたけど、結構な比率でブランド子供服を着ていたり
小さい子たちはいやいや預けられてるんじゃないかなと思ってたけど、小さいのに皆が皆、きちんと座って人形劇を見ていたり

あと保育所の子供たちはとても人なつこい。親の愛情に欠ける子は馴れ馴れしい子が多いけれど、そういうわけでもない。
あたしはどうも間違った偏見を持っていたみたいだ。

人形劇の終わり際に
「もう帰るの?」
って聞かれたから
「うん、終わったからね」
って答えたら
「せっかく来たんだから遊んで帰ったら?」
とさらっと言って行ってしまった男の子


子供を産んでから、自分の子しかかわいくなくなったことを公言してはばからないあたしだったんだけどwその子の背中を眺めながら久しぶりに、こどもってかわいいな、って思う。
そんな一日。
2歳のモチベーション
今日ほっぺちゃんが、初めて自力でんぐり返りを成功させた!

…て言っても、自己流だからwなんか手の着き方が甘くて首周りみたいになる時があって心配なんだけどね。
何しろ、どんくさい子だから…

でも、あたしは学校だか幼稚園だかで見るまで、でんぐりがえりの存在すらしらなくて、自分は初めてなのに周りの子が凄く上手にできているのを見て衝撃を覚えたのをはっきりと覚えているのでwできる様になってくれて嬉しい♪


それができた瞬間はおともだちやおともだちのママと一緒だったから、優しいママさんは褒めてくれて、それが嬉しかったほっぺちゃんはこう言った
「ありがとーう、○○ちゃん(←ママの名前…><)!さすが2歳!」


…そう。「2歳だもん!」
現在ほっぺちゃんのモチベーションの素はこれ。

ほっぺちゃんは2歳になる直前、こう言った
「ほっぺちゃんもうすぐ2歳なの!お母さんも、お父さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、大きいおばあちゃんも、2歳!」

つまり、2歳の誕生日を迎えた瞬間、彼女は自分の中で「成人した」のだ。たぶん。
本当はおおきいおばあちゃんなんて90歳なのにw
今や「2歳のおねえぽん」である自分なので、多少の事では弱音は吐かない。
そして褒められると「2歳だもん!」と胸を張る。


なんだか、損な性格だなあと思う。
せっかく子供なのに、今しか子供らしくなんてできないのに。
もっとずっと子供でいたら良いのに。

そんな親の気持ちを置いて、子供は大人になっていく。勝手に一人で。
二歳児検診&インフルエンザ
遅ればせながらかかりつけの二歳児検診に行ってきましたよ。

なーんにも考えず今日行ったもんだから、連休明けの小児科は激混み><
ここの病院の魅力の一つでもあるアンパンマンづくしのおもちゃのお部屋の入り口で、明らかに嘔吐下痢の赤ちゃんが絨毯にウンチを漏らしているではないのー!


きょ、今日はお部屋はやめようね。ね。
ということで、入り口のホワイトボードで遊ばせるも、まだ地球の秩序ってもんがわかっているようで良くわかってないほっぺちゃん、あたしの服や鞄に書くな書くな書くなあーもー><
ということで、混んでてなかなか呼ばれない分、まあそういう哀しい結果にもなっております。
はああ。

やっと呼んでもらえてまずは身長体重。
二歳ともなると、身長や体重は自分で立って測ります。
言われた通りに身長計、体重計で計測して、頭回り、胸囲を測って…とこなしていく後ろ姿は、昔お医者ではあたしから一歩も離れなかった彼女の面影も無い。
大人になったんだなあ…としみじみ思ったりする。
看護士さんが「偉かったねえー」とお世辞でほめてくれると「ありがとう。」と返事して笑われたりしている。

次に悩んだ末に今年は受けさせる事にしたインフルエンザの予防接種。
こちらも昔はお医者の前に立つだけで爆泣きだったのに、今や一人ですわって聴診器や喉の様子を見てもらってる…
未だに嫌いなのは嫌いなんだけどw大体の段取りを理解して、怖くなくなったみたいだ。

あたしのかわりに看護士さんが抱っこしてくれて注射を打ってもらうと、看護士さんに飴を貰って、ペコちゃん、ペコちゃん、と上機嫌。
結局全く泣かずに全ての行程をすませたほっぺちゃんなのだった。

検診の内容よりも何よりも、彼女の姿に成長を感じて、親バカなあたしはホロリな
そんな二歳児検診、無事終了。
一ヶ月後にまたインフルエンザ打って、今年は少しぐらい楽に冬が過ごせると良いなあ…甘いかなあ…
仕上げ磨き用歯ブラシについて無駄に考察する日記
ほっぺちゃんの歯磨きに今ひとつ熱心になれないあたしですが、近所のお子たちが3歳で虫歯だらけだという事実を知ってからはお風呂での仕上げ磨きだけは欠かさずやっています。父親が。

まさか何か考えがあって歯磨きしない、って事ではないですよ。ズボラなだけです。すみません。
でも、最近雑誌で見た話では、毎食歯磨きする事と虫歯が少ない事との因果関係って医学的に立証はされてないんだってね。まあ、こまめに掃除する事で清潔が保てるのは間違いないだろうけど。
でもそんな事言われると増々なーんだ、一日一回で良いじゃん、とか思っちゃうぜ

子持ちになるまで知らなかった事ですが、最近の歯ブラシって言うのは、何だか色々あるんですよ。特に国内のは。
歯磨きを始める前に歯ブラシにならす歯ブラシ、だの乳児用、幼児用、学童用、挙げ句の果てに仕上げ磨き用って…

ただでさえ自分が磨くタイミングに子供の歯磨きを思い出そうっていうのに、歯ブラシ何本持たせりゃ気がすむのよーとか思っていたのですが


話は変わって、ほっぺちゃんは磨く前にまだ歯ブラシをガジガジ噛んで楽しんだりもするもんで、結構速いペースで歯ブラシを変えなければならないのです
それまでは赤ホンオリジナルの三本組の安歯ブラシをまとめ買いしたのを与えていたのだけど、何しろ布おむつに母乳だと、赤ホンに行く機会もないので、とうとう大量の在庫も底をついてしまった。
近くのホームセンターでついでに歯ブラシを探しました。
っていうのも、GUMの幼児用歯ブラシが、ほっぺちゃんがこよなく愛するミッフィーだったのを前からチェックしてあったのでね♪

…と思ったら。無い。
GUMの幼児用歯ブラシが全然無くなってるー!

よくよく見てみると、次はバトラーの歯ブラシがミッフィーになっていたのでした。いやあね。大人の事情。権利が移っちゃったのかしらね。ブルーナさん。
しかしバトラーの歯ブラシは持つとこがスケルトンじゃ無いから、GUMの方がかわいかったんだけどなあ。
でまあ、長くなりましたけど結局バトラーの歯ブラシを買った訳です。
(余談だけど、何故か西○屋にはまだGUMのミッフィーが売ってあったりする。不思議。)


で、さて歯磨きする、って言う段になって、新しい歯ブラシを渡すと
「うわあーこれみっぴーじゃない!おかあさんありがとうー」
と、相変わらず芝居がかった口調で興奮するほっぺちゃん
元々歯磨きは我が家で一番好きな人なので、大喜び。
ある程度磨いたら、自分から「仕上げはおとーうさーん♪」と渡す…渡す…

それが、全然渡さないんですよ…

「あのねえほっぺちゃん、仕上げしないといけないからお父さんに…」
「ちがうの!これはほっぺちゃんのみっぴーの!ごめんねえ」
「いやだから、だれもとるって言ってないでしょ?貸してねって」
「だめなの!!ほっぺちゃんのだから!」
「…」

盲点だった。奴が歯ブラシをそんなに気に入ってしまうとは…


で、そこで最初の話に戻って、仕上げ用歯ブラシですよ
一年以上前から買って、めんどくさいからつかってなかったんだけど、どうもミッフィーのおかげで日の目を見る日が来そうです。

どこにしまってあったかな…
三文芝居…
現代に生きる親として、以前からいずれは経験しなければいけないだろうと思っていた、未経験のできごと…それは…

キャラクターショー!!

ご存知の通り、あたしはキャラものが嫌いである。
理由はバカバカしいからだ(…)
今日まで、あらゆるキャラものを避けて育児(っていうほど何もしてないけど…)して来たつもりだ。

しかし。しーかーし。
敢えてこーんなにも避けて来たにもかかわらーず。

お出かけ前のほっぺちゃんは、キティちゃんの水着の帽子をかぶり、両手にミッフィーとペネロペのぬいぐるみを持って
「うーたんのリック(←リュックサックのことね)が無いよ!」
と必死の形相で訴えたりする…
毎回が、あたしはこれと出かけなければならないのか!?という葛藤の日々である。
(まあ、大抵は一つを残して諦めさせるのだけれども。)

しかし周囲を見渡してみると、どうだろう?
こどもが好きだから、と一生懸命キャラの名前を覚え、電車の名前を覚え。
先日集まったママさんたちの中で、ディズニーランドもUSJも連れて行った事が無かったのは、なんと、うちだけ!よくやるなあみんな。
あたしは両方結婚してから言った事も無いよ。独身時代ならともかく。

まあ、TDRやUSJはバイトでもして親に内緒で彼氏とでも行ってくればいいとは思うのだけど、いくら親がキャラ嫌いだからといって、あまりにも抑圧的なのもかわいそうだなー、なんて思っていた矢先、コープ神戸のイベントで、アンパンマンショーが見られる、というチラシを渡されたのだった。

アンパンマンかあ。
ほっぺちゃんってこういうの好きなのかなー?
…行ってみるか。タダだし。

軽い気持ちで朝から向かった大阪城公園
10:00から開場で、到着は9:40頃。公園の駐車場から大阪城ホールまでの道のりは晴れていてとても爽やかで、色んな人がいる。
ほっぺちゃんもそんな中を笑顔でかけたり、イチョウの花を拾ったり…

…これを最初は微笑ましく見守っていたのだけど
ふと周りを見ると、周りの親子連れは、ベビーカーに子供を載せたり、だっこしたり、だーれも子供を歩かせたりなんてしないで会場に向かって足早に向かっているじゃないの。
もしかして、これってでかいイベントだったのか!?



結果としては、気付くのが遅かった。
着いた頃には、想像もしなかった長蛇の列。…アンパンマンってそんな人気だったのか。
並んで手に入れた券は「スクリーンでご覧いただきます」

…スクリーン?

そう、ステージが見えるお席は既に完売(タダだけど)
横のちいーさいスクリーンから、ショーの様子が中継されるお席だったのである…なんだそりゃ。
それでもまあ、並んでいる間に、そのお席すら整理券が無くなったらしいので、ましなほうだったのだろう。か?よくわからないw

そのまま席に案内され、空いていたのは当然隅の方の席
まあ、スクリーンはよく見えるので問題は無いけれど…スクリーンで見るならまだアニメの方がマシなんじゃないかな…という疑念が拭えない
周りを見ると、そ、それはちょっと…と思うような、1歳に満たないお子や、ホントに見るの!?と思うような小学校高学年?の、サーファースタイルのお姉ちゃんなど、思った以上の客層の幅だ
赤ちゃん連れに至っては、当然じっとしていられないので、連れて来た爺ちゃんらしい男性は廊下を往復しっ放し。何でまたそんな…

いずれにせよ、どの大人も、ほとんどの大人はアンパンマンに興味など無く。
子供のために必死なのだった。みんな頑張ってんなあ。


そんなあたしの感慨はおいといて、
肝心のショーはひじょーにしょっぱいもので、着ぐるみの役者でいけてんなあ、と思ったのはバイキンマンだた独り。
ほっぺちゃんは開始15分で
「あっちがいい…」
と、ショーとは関係ない、遠ーくに見える味の素のパンダの着ぐるみに会いたがり、ちょっとは並んだにもかかわらず、早々に退散。何のために並んだのーw

通常の展示会場はといえば、整理券にあぶれた子供たちの
「ねえー!アンパンマンはー?」
の声を何回聞いた?という子連れでものすごい人だかりでほっぺちゃんを連れて歩ける状況ではなく、、結局会場自体を早々に後にしたのであったw

そんなこんなで結局早々に退散したチコラタ一家
いつも通りブラブラ買い物して帰宅したのであった。
ああ楽しかった。東急ハンズとドログリー。
やっぱりあたしには「親っぽい」事は無理ね!

ちなみにほっぺちゃんは、たった15分しか見なかったにもかかわらず
お昼寝して起きて一番に
「今日アンパンマン見たね!」
って言ってました。あれでよかったのか…
鈍い母
前回の復活が力一杯三日坊主に終わり…どう書き始めたものかと思ったりしていたのですが。

日々は飛ぶ様に過ぎて、あっというまに11月
ほっぺちゃんは2歳に
弟だか妹だか、不明ちゃんは5ヶ月安定期で着帯も終え
つわりは随分治まって…と思ったら風邪をこじらせたり
そんな中昨日はお友達同士で動物園に行ったり
相変わらずの暮らしが戻りつつあります。
一応ご飯も毎日作れる様になったしね。毎日鍋だけどw

まあそんなこんなで11月と言う事で切りもいいので、今度こそブログを再開したいと思う今日この頃。すっかり寒くなりました

思えばほっぺちゃんが生まれた年も、ギリギリまで暑くって、退院したら着ようと思って買ったキルティングジャケットも退院の時は暑かったりしたんだった。そして急に寒くなって。
こないだふと、「二年前何してたんだっけなあ…」とネット上で書いてた日記を読み直してみたら、産褥熱で寝込んでいたのでしたw


あたしの中ではほっぺちゃんは赤ちゃんがえりも自称(「あかたんがえりー♪」と言いながら寄って来る時があるのよw)以外は無く、順調に成長している、と思っていたのですが、昨夜は珍しくおっぱい、と言いながら夜中に起きて来たのです
当然もう大して出ないんだけど、出ないせいかずううううっとくっついている。
かわいそうだけどこっちも人間なので、耐えきれなくなるまでは我慢しましたが、最終的には抱っこに変えてまた寝かせました(というかあたしが先に寝た気もする)

今朝になってほっぺちゃんの父親とその話になった所
「最近ほっぺちゃんは俺が何かしようとすると”母さんよ!”と怒る」
と言うでは無いですか。

うーんそういえばそうだ。
あたし以外に対してどうも当たりがキツい。気がする。

どうやらほっぺちゃんも普通の子、母親の変化に何らかの不安を感じている様です
そうかー、今から不安を感じても、結局生まれて来るんだから一緒なんだけどねー

鈍い母を持つと、子は大変です。よね。
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。