ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘレンケラー
ついさっきのできごと

父親と、ブロックで遊んでいたほっぺちゃんが、たぶんどっかテレビかなんかで見たんだろうけど、急に「あいうえお!」と言った。

おお!あいうえおに興味が出たか!
これはきっと何かが起ころうとしているんだわ。だってなんかピンと来たもん今の

ここぞとばかりにキティの50音表を見せてみるあたし。
つわりの時に、かわいそうなほっぺちゃんに何か音のなる間が持つおもちゃを…というので、その時認識し立てだったキティのひらがながテーマの音のなる絵本を買い与えていたのよ。
まあもちろんあたしのことなので、だからといって熱心に何か教えるでも無く、興味が出たら勝手に見るだろー、なんて思ってそのままほっぺちゃん任せのほったらかしにしていたのだけれど。

「ほっぺちゃん、これこれ。これがあいうえお」
「おお!あいうえおかー」
「隣でずうっと続いてるのがー、かきくけこ、さしすせそ」
「おおー!!」

それまでも、文字の下にある絵には興味を持っていたのだけど、たぶん、今日、さっき彼女は「文字の存在」に気付いたと思われる。
あいうえお、と声に出しながら、順番に文字を押していくほっぺちゃん
一瞬前までは何の事かわからなかった記号の意味が、多分わかったんだ。
それまではたぶん絵しか見ていなかったのが、確実に文字を押している。
その後も父親が名前や単語を押して鳴らしてくれるのに興味津々。
いままでこんな使い方した事無かったのにねー。

もちろんそれがきっかけで文字が読める訳でもなく,急に何かが変わる訳でもない
でもたぶん、それはまるでヘレンケラーが「水!」と叫んだというあの名場面の様に。
それまで開けた事の無かったドアが,彼女の中で開いた瞬間なんだろう。

おかげで彼女はいつもより一時間,寝るのが遅れてしまったけれど,人生のドラマの前では,そんなことは些細な事なのだった。

…まあ、こんなちっぽけなことで世界の偉人を引き合いに出すのも馬鹿げた話だけど。
子育て中の母親なんて,他に楽しい事がある訳でもなく,こんなもんなのよwすいませんねw


それにしてもうらやましい。
あたしもそれぐらいのだいはっけんを体験したいなあ
後ろで見ているだけで,わくわくするぐらいだもの。
きっとものすごく嬉しくて,目の前で世界が拓けて、凄い瞬間なんだろうなあ。
いいなあー。
スポンサーサイト
刃物デビュー
台所に立つ,と言う話をしたばかりですが、2歳児が自分をわきまえる訳も無く
正直、立つ様になってから毎日、
「ほっぺちゃん、ほうちょうがやりたいわあー」
って恐ろしい事を言うんです…

いくらあたしでもそれは嫌よ。
世の中には2歳の誕生日に包丁をプレゼントしちゃう親御さん、なんかもいるみたいだが,あたしはそんな、労力がいる事は嫌です。ご飯作ってるだけで白髪になっちゃうぜ。

とはいえあんまりむげにするのもアレなのかなーとか思って、子供用のピーラーを買いました。なんか幼児用らしいよ。
何でこのタイミングかって言うのには全く理由はなくて,ポイント十倍だったんですw

で、届いたのでさっそく二人でカレーを作りました
午後から母親教室だったのでね。

img966.jpg

なぜか写真が白飛びしてますが…
2歳に刃物持たせて写真を余裕で撮れる程のキモの持ち主じゃないのよwすいませんw

ニンジンとじゃがいもの皮を剥いて、彼女は大満足
あたしは見てるだけで疲労困憊w

まあなんとか、おいしいカレーが出来上がりました
包丁はね。3歳のお誕生日まで,ガマンね。ガマン。
つづきを表示
家事だいすき
ある日の夕方
いっつも言ってる通りあたしはズボラ。なので時々取り込んだ洗濯物を玄関に起きっぱなしにしている事があります

そこを通りがかったほっぺちゃん。はああ、と大きくため息一つ
「もー、かんべんしてよー。かーさん、ちゃんと片付けてよー。まったくぅ。」
そう言って、自分のおむつを3枚そこから取り,部屋に入って畳んでました…

残されたあたしは呆然と立ち尽くし
「…ですよね。」
とつぶやくばかり。

女の子はそうよー。とは聞いてましたが…早くもそんなに手厳しいのね。母に><

でも、自分の肩幅以内に収まるものなら,結構上手に畳みます。
ハンカチとか,成形おむつとかはもうあたしがする様に畳むので案外助かったり。
自分の服とかはね。まだオリジナルの畳み方になっちゃうんだけど。

誰に似たのか家事が好き。

最近は晩ご飯は台所に立つ様になりました。
お米を研いだり,菜ものを手でちぎったり。あと簡単なあえる作業とかは担当してもらいます。というか、一度させたら味を占めて毎晩うるさいからやむを得ず…

そんなほっぺちゃんのやる気に、あたしも久々に夜なべしてエプロンを縫ったり。
なんか、あたしに似あわず、母と娘,って感じw
今までは、ほっぺちゃんのことを娘,と意識して育てた事なんて全然無くて、また自分自身もオンナ、みたいな気持ちも無かったもんだから、そんな感じになった事も無かったんだけどね。

次の子がどうも男らしい,と言う話になった頃から,彼女が娘だと言う事を多少意識する様になりました。あ、でも家事は娘だからさせてる,とかじゃないんだけどね。それは彼女が好きみたいで、勝手にやってるのです。
2歳ぐらいになると女の子はお世話好きになるって言うし,まあそんなもんなのかもね。
でも、実家であたしのを出してもらってたから,いいや、と思って雛人形も何もしてなかったんだけど,今年から豆雛を買って、飾ったりとか。実はしてます。心境の変化。


それにしても、ほっぺちゃんの家事好きはあたしにとっては超意外。
このやる気が、戦力になる頃まで続いてくれたら良いんだけど
まあ、そうは問屋が卸さないのが人生なんだろうなあ。残念だけどw
つづきを表示
予想外の展開…
検診だったんすけど。

なんかどうも二人目は、思っていたほどは順調じゃないのかな?ちょっと気になる事が。
どうも頭や足の長さは標準よりちょっと大きめなのに、腹囲が成長曲線ギリギリみたいで…
いや、始めから「頭は大きくて痩せてる子」だとは言われてたんだけどね。どうもその傾向が強いみたい…?
あたし自身は今までの検査でどれも全く問題は出てないし、体重は増えすぎるぐらいに増えてるんだけど…?

今まで数々のレセプトで見た「子宮内胎児発育遅延」の文字が頭を巡る。えーまさかあたしにそんな事が起こるなんて><
先生に色々聞かなきゃいけないはずだけど何を聞いて良いのか良くわからず、帰ってお約束通りネト検索かけまくっていたずらに不安になっている今ナウなんだけど…

いや、まだ診断が下りたとかではないんだけどw
色々先回りして不安になっちゃう性格なのよね。
このままいくと非対称型の子宮内胎児発育遅延、ってやつなんだろうなーとか勝手に病名つけちゃったりして。(*実際はまだなんの診断も下ってない)
でもさあ、ほっぺちゃんのときは小さめってことも無く生んでるので、あたしが小さめ赤ちゃんを妊娠する体質ってことも無いと思うしなあ。

先生曰く、羊水もたっぷりあるし、その点は安心(何が安心かわからないんだけど…)だけど、要注意、との事で、本来なら2週間後は助産師外来だったはずが、先生の検診を受ける事に。

あたしの中ではちょっと早めの3月末に自然分娩で産んで母乳で育てて…みたいな暢気なイメージだったのだけど、もしかしてそんな訳にいかなくなっちゃうんだろうか。
自分とは全く無縁だと思ってたNICUとか、そんな単語がまた頭をよぎりーの
そういえば胎動も大人しいとは思ってたのよね…とかもうこうなると気持ちは下がりまくり。


まあ、多少の予定変更は良いけど、とりあえず無事生まれては来てね。頼むよー><
もうほんと、望むのはそれだけ、という気持ち。
まあそんなわけで、すっかり不安が止まらない。そんな検診になってしまいました。

周りはごく順調な妊産婦ばっかりなのに。あたしだけいっつもこうだよ。
ほんとに2週間後で大丈夫なのかな…くすん。
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。