ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯医者へGO!
久々に家族全員歯医者に行きました。

もうほっぺちゃんはすっかり自立しちゃってるんで、見てなかったんですがレントゲンとか撮って来たらしい
そして歯科衛生士さんによるチェック。

「きれいな歯ですねー」
「仕上げ磨き頑張ってらっしゃるんですねー」

えーといいえ全然…言わないけど…
まあ一応お風呂で仕上げ磨きはしてますけどね。

というわけで、虫歯は無かったみたいです。
で、クリーニングとフッ素して、終わり…と思ったら

「プラスチックで奥歯の溝を改めて埋めて虫歯を予防する処置があるんですがしてもいいですか?」

へえー。
それって溶出とか大丈夫なのかしら。まあ奥歯は一生使うからやっとくか。お願いします。
なんか紫外線のペンみたいなので照らしてたから紫外線硬化樹脂なのかなあ。


「あと院長からお話があります」

って何かと思ったら
「レントゲンで見る限り、永久歯の元となる歯が4本足りないんですが、近親の方で永久歯欠損の方はいらっしゃいますか?先天性の永久歯欠損の疑いがあります」
とかいわれるじゃないの。ええー!
もう先天性は良いって。うんざりなのよー

まあ、まだ3歳だし。
そのうちできるかもしれないなーとタカをくくってあんまり気にしない事にしましたw

あたしの歯の詰め物(20年以上前のもの…)も全部治してくれる事になったし,歯医者の技術って進んでるのねえ。
虫歯なんてならないに越した事無いもんね。
スポンサーサイト
学ぶ
ほっぺちゃんが幼稚園に入って、もう2ヶ月が経とうとしてる。

ほっぺちゃんの幼稚園は,モンテッソーリで、横峯式で,そこに地域性と言うか微妙に銭ゲバなところが混ざってw独特な雰囲気の幼稚園。
行事も親の参加の機会も最低限。月ー金ずっと給食。

あたしが一番入れたかった所は,家庭的な穏やかな雰囲気で,週一は午前保育、お歌を多いに歌って手遊びをして、子どもは大いに遊び…という幼稚園だったので、まあある意味対極にある、と思う。

迷って迷って迷った末に,なんで入れたかって、近いからだったんだけど。



ほっぺちゃんこそ嫌がらなかったけれど最初の一ヶ月は、これはどうかな、失敗か…っていう気持ちで一杯だった

何しろ,お歌や手遊びの手数が少ない。
毎日毎日似た様な歌,似た様なお遊戯しかしていない

先生が怒る、らしいwそれも気になった。
入園してたったこ数日から、先生が「座りなさい!」いやそれはまだしも「いいかげんにしなさい!」と怒ると言うでは無いのー!
縦横自由教育なので、先生は年少さんだからって手加減は無い
それを差し引いてもよw「いいかげんにしなさい」なんてあたしでもまだ2回位しか言った事無いのにwひどいw
年少なのに。まだそんな怒られた事も無いのに大丈夫なんかいな…

どんな雰囲気で保育してるのかしら?ホントに楽しんでいるのかしら?軍隊式なのかしら?
確かにうちでは子ども扱いしない様に育てて来たけれど,早く大人になるって、本当にそんなに良い事…?
ほっぺちゃんの前では、「先生があってるよね」とは言うものの,内心は、連休が明けたらお手紙でも書くか…との気持ちで一杯のあたしなのだったw


なんだかんだで連休明けの頃には、クラスが落ち着いたのか、めっきり先生が怒る話題は減り、一方おともだちとの話題が増えて来て、あたしはモンスターペアレントになる必要は無くなり
相変わらず手遊びやお歌は大した事はしないものの,ほっぺちゃんも楽しく過ごしている様子

不思議なのは,ごくたまにお迎えに行くと話す,満3歳児からとか兄弟を通わせているお母さんが皆
「ここはいい幼稚園だから」
と胸を張って言う事だったんだけど


さっきほっぺちゃんと話していて「ようちえんの先生は遊んでくれる?楽しい?」って聞いたら
ほっぺちゃんがこう言った

「ちがうよ。○○先生はね,先生だから遊ばないの。いつもパキパキお仕事しているの。かっこいいのよ」



…ふうん。そういう理解なのね。
厳しそうな先生だと心配してたけど、子どもって優しくされるばっかりじゃなくてもちゃんと何か学び取るもんなのかも。
先生もそれがわかってるのね。

わかってないのは、あたしだったってことか。

自分たちで入れたくせに全く評価してなかった幼稚園だったけど、ちょっと良さが、ほんのちょっとだけ見えた瞬間でした。
まあ、まだわかんないけどね。
Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。