ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一歳半検診
書いたか書かなかったかは忘れましたが、うちの自治体は4ヶ月検診、10ヶ月検診があって、次が一歳半検診

なのになぜかうちは10ヶ月検診に呼んでもらえなかった…
呼んでもらえなかったので悔しいから行かなかった。

…。

とはいえたまには診てもらわないと不安だし、こっちから役所に電話してみたら、その二日後には案内がきましたことよ。んで、行ってきました。
なんかねー、今回は先生のアタリが良かったのか、色々褒められたのー

例によってほっぺちゃんはギリギリまで起きず、寝たまま運搬。会場に着いたら起き抜け。
遠くから「ほっぺちゃーん」と何度も呼ぶ声がするので声の主を捜すと、何回か一緒に遊んだ事のあるおともだちのママが帰る所
どうだった?と聞くとこんな事言われたよ!とか色々教えてくれる。今まで知り合いに会ったり待ち合わせて行ったり、なんて事は無かったので、結構幸先がいいなあ。よし、行ってみるぞ。

最初のお部屋は予診のお部屋。
呼ばれて入ると一部屋に六組ぐらいの面談テーブルがそれぞれにあり、部屋の中はかなりの賑やかさだ。
うちの担当は上品なおばあちゃま、って感じの女の人
テーブルの上には犬、靴、家、などなど六つ程絵の描いた紙と、小さな積み木が三かけおいてある。
なにこれ?ここでテストか…?

「こんにちは。」
「ちゃー」
「わんわん、どれかわかるかな?」
わんわん、と言いながら犬を指差すほっぺちゃん。いいぞ!その調子!
「良くわかっているわねえ。じゃあ、くつは?」
というと、ほっぺちゃんは眉を寄せて何か考えている。先生がもう一度
「くつよ、くっく。」
というと、ほっぺちゃんは眉を寄せたまま…自分の靴を見せながら「くっく」ってw
お約束なボケだよほっぺちゃんw

その次は小さな積み木を「つんでごらん」 と差し出されて、積むと言うもの。
これも終わって、先生と母親が少し話す。
何か悩みはあるか、と聞かれて、搾り出した悩みは「ご飯しか食べないんです」だったので、後で栄養指導を受ける事に。

「はい、おしまいよ」と先生が声をかけてくれると、何を思ったかほっぺちゃんは、絵の書いた用紙と積み木をきちんと揃えて「ないない!」と差し出し、「まあーお母さんよくしつけてらっしゃるのねえ」と、1ほめられ。
当然、そんなしつけしたこともありませんが!

次は歯科。
歯科の先生は若めの男の人で、それだけでもほっぺちゃんには苦手感なのに、未知らぬ先生のお膝に仰向けにされ、口を開けられ保定されて、動揺して爆泣きw
いやあ、診察の前に言い聞かせておいたのだが…まあ、無理よねw
でも診察では「お母さん、良く磨いてますね!」と、ここで2ほめられ
これも、本人が歯ブラシ好きなだけで、あたしはほっぺちゃんにせがまれた時に適当に仕上げ磨きをしているに過ぎないのを正直に告白したら…当然説教されましたけどw

ついでに予想通り母乳をやめる様に指導。
「もう母乳なんて栄養なんて無くて摂れるのは水分だけですから」
なんて、いつの時代?みたいな指導を、まるで初めての話を聞く様な顔で感心しながら聞くあたし。大人になったもんだよ。しみじみ。
あたし自身は2歳過ぎてもおっぱい飲んでたらしく、それでも普通の大人になれたし、小学校を出るまで虫歯も無かったので、ほっぺちゃんの歯質次第だけど、その辺はあまり気にしないのだ。

次、歯科のおびえを引っ張ったまま計測。
当然ダダ泣きで、体重計にも乗りやしない。それでも無理に乗せようとしていたら
「おかあさん、抱っこしたままのって下さい」
…とか言われてしまう。くっそう。ほっぺちゃんめ。仕方が無いから乗りましたけどね。くそう。

結局、ずうっとずうっと心配していたほっぺちゃんの肥満ですが、結果的には全然肥満じゃなかったです…
周りの人が「大丈夫よ、普通よ」っていうのをずっと、慰めだと思ってたんだけど、ほんとに普通だった…この悩み症の性格は何とかしないとなあと改めて思いましたw

まあその後は内科検診があり、これも嫌がって爆泣きw
だけどからだは問題なく、順調ですね、との事。
特に心配をしていたって事はありませんが、まあ一安心、嬉しい事です♪

で、栄養指導なんだけど。
今度の栄養士さんは若いお嬢さんだったけど、話のわかる人で、色々質問もできてこちらも良かった♪

心に残ったのは「100回出して食べなくても101回目に食べるかも知れないから、出し続けて下さい」という言葉。
葉野菜や実野菜を嫌がるのでメニューも広がらず、すっかり何を作っていいものかモチベーションも下がりっぱなしだったけど、またやる気が出て来たぞ。

とにかく今回は、アタリだったなあー

スポンサーサイト
この記事へのコメント
v-534

もう1才半ですかー 早いもんですね
なんかいろんなことがわかってきて
世界が広がりまくってるんでしょうかねー

でもすべて順調そうで何よりです
らくだ[URL] 2008/05/16(金) 16:52
ウチの自治体も検診の時期が一緒なんだけど、
呼んでくれるのは1才半の集団検診だけだよw
他の検診は自分で勝手に好きな病院に行くの。
お陰で俺様、8~10ヶ月検診をスカーリ忘れてて、
来月10ヶ月ギリギリでの予約になっちゃった。(・∀・)テヘ
[URL] 2008/05/17(土) 10:08
マイペースがいいよね~
これができなきゃダメ、とか
○○の動作をしないからおかしい、などということは無いのですよ。

うちの三男は、未熟児(31週)で生まれて小さかったし、発達も遅れているのは当然なのに、市の検診で、大勢の前で「ちょっとおかしいですねー」と言われ、私は泣きたい気持ちでした。
だから、それからは、生まれた病院での検診のみ行くことにしてました。

今ですか?高校2年で生意気盛り。別の意味で心配は尽きません。。
とらねこ(ユザ)[URL] 2008/05/20(火) 22:05
>>らくださん
なにしろ出て来るまでにあれだけ準備したからじゃ無いですかね…人の気も知らないでね…

>>海ちゃん
うちも1歳はそうだなー。あと二歳も無い。次は三歳らしい。
予防接種もそうだけど、あたしみたいなタイプって、それだと行かないのよね…集団検診でも微妙に行かなかったりするしね…

>>とらねこさん
三男さんってことは、上のお二人をご存知なだけに余計に心細く思われるのに、なっとらんですね!!
最近は個性にまで病名がついてしまって、それが良い方に働く事ももちろん多いのでしょうけど、窮屈な世の中ですよね
チコラタ[URL] 2008/05/22(木) 17:35

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。