ほっぺちゃんと暮らす毎日を綴る退屈なブログです♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘレンケラー
ついさっきのできごと

父親と、ブロックで遊んでいたほっぺちゃんが、たぶんどっかテレビかなんかで見たんだろうけど、急に「あいうえお!」と言った。

おお!あいうえおに興味が出たか!
これはきっと何かが起ころうとしているんだわ。だってなんかピンと来たもん今の

ここぞとばかりにキティの50音表を見せてみるあたし。
つわりの時に、かわいそうなほっぺちゃんに何か音のなる間が持つおもちゃを…というので、その時認識し立てだったキティのひらがながテーマの音のなる絵本を買い与えていたのよ。
まあもちろんあたしのことなので、だからといって熱心に何か教えるでも無く、興味が出たら勝手に見るだろー、なんて思ってそのままほっぺちゃん任せのほったらかしにしていたのだけれど。

「ほっぺちゃん、これこれ。これがあいうえお」
「おお!あいうえおかー」
「隣でずうっと続いてるのがー、かきくけこ、さしすせそ」
「おおー!!」

それまでも、文字の下にある絵には興味を持っていたのだけど、たぶん、今日、さっき彼女は「文字の存在」に気付いたと思われる。
あいうえお、と声に出しながら、順番に文字を押していくほっぺちゃん
一瞬前までは何の事かわからなかった記号の意味が、多分わかったんだ。
それまではたぶん絵しか見ていなかったのが、確実に文字を押している。
その後も父親が名前や単語を押して鳴らしてくれるのに興味津々。
いままでこんな使い方した事無かったのにねー。

もちろんそれがきっかけで文字が読める訳でもなく,急に何かが変わる訳でもない
でもたぶん、それはまるでヘレンケラーが「水!」と叫んだというあの名場面の様に。
それまで開けた事の無かったドアが,彼女の中で開いた瞬間なんだろう。

おかげで彼女はいつもより一時間,寝るのが遅れてしまったけれど,人生のドラマの前では,そんなことは些細な事なのだった。

…まあ、こんなちっぽけなことで世界の偉人を引き合いに出すのも馬鹿げた話だけど。
子育て中の母親なんて,他に楽しい事がある訳でもなく,こんなもんなのよwすいませんねw


それにしてもうらやましい。
あたしもそれぐらいのだいはっけんを体験したいなあ
後ろで見ているだけで,わくわくするぐらいだもの。
きっとものすごく嬉しくて,目の前で世界が拓けて、凄い瞬間なんだろうなあ。
いいなあー。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ほっぺちゃんといっしょ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。